アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2020年7月 | メイン

2020年8月

2020年8月 4日 (火)

二光軸

116921018_4143293782379592_19518648

この前、このカメラ「オリンパスAF-10 TWIN」を買って行かれたお客さんから「帰宅後にフィルム室を開けてカメラをチェックしていたら、様子がおかしいので一瞬壊れているのかと思った~!」との事後報告をいただいた話です。

フィルムコンパクトカメラのズーム機能が登場する前や高性能化する前の頃、「広角と標準」または「広角と望遠」の二焦点を切り替えるタイプのカメラが存在しました。

二焦点を切り替える簡単な方法は、基本となる広角レンズの手前にコンバージョンレンズを割り込ませることで倍率を上げて、標準なり望遠撮影を可能にする方法。

下の画像は、その方法を採用しているフジフイルム「テレ カルディア スーパー」です。フィルム室画像の上が広角35mmの状態で、下が望遠70mmの状態でコンバージョンレンズが出て来ているのが分かると思います。

116482776_4143315022377468_89257627 

これとは別に凝った方法を採用するカメラもありました。その一つが今回のオリンパス「AF-10 TWIN」。ボディには広角35mmレンズと望遠70ミリレンズがそれぞれシャッターとセットで組み込まれています。

ボディ前面に縦に2個並んだレンズの下の方が広角レンズでこちらで撮影する場合は、通常のカメラと同じで光軸は一直線にフィルムへ向かいます。下の画像の右側がその状態です。

しかし、上にある望遠レンズで撮影する場合は、カメラ内部にある電動ミラーで光軸を2度曲げてフィルムへ向かわせます。下の画像の左側がその状態です。ちょっと分かりずらいですが、ミラーが下りて来ていて、そこに映っているのはさらにもう一枚のミラーに映っている上側の望遠レンズの後ろ玉なのです。

116254606_4143344742374496_34498541

こんな凝った方法を取るのは、コンバージョンレンズではなくて望遠専用レンズを使うことで高画質を得るため。ズームレンズの性能が上がるまでの苦肉の策と言えなくもありません。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

2020年8月 3日 (月)

MINOXスライドプロジェクター

116521842_4138078699567767_88486512

ドイツ製超小型カメラ「ミノックス」のスライドプロジェクターです。

スパイカメラとして使われたこともあるミノックスシリーズは、幅9.5mmのフィルムを利用する8×11mm判。

だから、スライドプロジェクターもこんなコンパクトサイズで済むんですね。上の画像には比較対象物が写っていませんが、下の画像には私の手が写っています。マウントのキャリアもこんなに小さいです。

116878140_4138078832901087_18564638

この個体、電源コードの先がぶった切れてプラグが無いのでコンセントに挿せないので、通電など未確認です。インテリアにも使えそうですけどね。

2年半前、リガミノックスを紹介した時に走って来られたAさん、いかがですか?

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

2020年8月 2日 (日)

修理品!?

116664067_4134126429962994_33024112

買取職人が「ヨドバシで修理しているらしいよ」と言って、我楽多屋へ持って来たキヤノネットQL17。たしかに、袋に入った修理票が一緒にありました。

修理したといってもいつの話だか…と思いながら修理票を開いてみると、思ったよりも最近の「2010年」の日付。

116156035_4134126553296315_51715776

故障箇所の欄に「オーバーホール・各部点検・フィルターへこみ・蓋開かず・分解清掃」とありますが、ご連絡事項に「旧製品の為、交換部品が無く修理不能となります」とあり、修理内容の欄は「  」(空欄)でした。

要は修理依頼したけど、修理はされていないわけです。

それからの10年間、多分放置されたままだったんでしょう。かなり埃を被り、汚れていました。故障箇所にあった蓋は開いて、フィルム室のモルトは劣化でボロボロ(これは放置されたキヤノネットQL17のほとんどがそうなっていますが)。

念のため!?電池を入れて動作確認をしてみると、シャッターも内蔵露出計も生きていて露出オートが利きました。レンズには少しカビがありますけど。

ということは、我楽多屋的には現状そのまま使える状態ではあるってことです(^^)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

2020年8月 1日 (土)

外出自粛中に作成

116310826_4129038590471778_33411709

非常事態宣言発令中に自宅で作られたという、バルナックライカ用オリジナル革ホルダーを久しぶりにご来店のお客さんが見せてくださいました。

もうかれこれ丸2カ月以上前のことですね、非常事態宣言。密を避けた散歩にカメラを持って出て撮影するのは全然大丈夫と思うのに、自粛警察の取り締まりを気にして外で撮影することに躊躇される人も多かったようです。

さて、オリジナル革ホルダーですが緑色が洒落ていますね。ベルトやズボンに提げて、腰あたりからサッと取り出して使うのに便利とのこと。

実はこのお客さんが以前に作られた革バッグと一体型のホルダーも紹介したことがありました。それはこんな感じ。

Dscf7165_1280x960

実は今回の緑色のも、ホルダーの背面にはジャンパーホックの片側が付けられていて鞄などに取り付けたりすることも想定されていたり、ガッチリと2本吊り出来るような準備もされていました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。