我楽多屋で買った    モノ・マガジン

Powered by Six Apart

2022年8月 3日 (水)

カメ6匹、スッポン2匹

本日水曜日は、我楽多屋の定休日です。よろしくお願い申し上げます。

**************************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、策(むち)の池です。

我楽多屋がある新宿荒木町、この町の中心部あたりはすり鉢状地形の底になっていて、池があります。

私が子供の頃は「かっぱ池」と呼んでいましたが、最近は「策(むち)の池」という名で通っています。

昔はもっと大きかったはずなのに、今は5m×10mくらい。私の身体が大きくなったから相対的に小さく見えているわけではありません。

先週、暑い日の日中、涼感を味わえるかな…と思って写真を撮ってみました。でもそこにはカメやスッポンがたくさん写っていて、それが原因なのか!?涼感を味わえない写真になってしまいました。

296996163_7759307337444867_10411603

2022年8月 2日 (火)

エルマー用の

296291801_7763533327022268_80907099

初めて見たと思います、これ。

ちょっと検索したところでは、ネットでも見つかりませんでした。

なので推測で話を進めます。取付け部と思われる部分に「ADAPTER FOR ELMAR 5cm」と刻印されています。そして、ネジ込んで継ぎ足された部分には「FOR ELMAR 9cm」と刻印されています。

多くの人が同じことを予想すると思いますが、これ「レンズフード」ですよね!?多分。

50mmの時は継ぎ足し部分無しで、90mmの時は継ぎ足して、使う。

純正ではこんな伸縮式のもありますからね。*参考ブログ記事→https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2014/11/post-6bb0.html

Dscf4028_2_1280x960

ただ、ちょっと気になるのが...今日現在の我楽多屋には比較対象として社外品の50mm用フードしかないのですが、ちょっと短いよね...?って点。

296429482_7763533317022269_26755776

最後になりましたが、「JAPAN」って刻印もあるので日本製です。十分にシッカリとした良い造りです。それなりに古いモノと思われます。

 

 

2022年8月 1日 (月)

フィルムが高い。。。

本日8月1日(月)、我楽多屋は閉店時間を繰り上げて午後5時に閉店させていただきます。よろしくお願い致します。開店時間も少し遅く午前10時半過ぎの予定です。

 

296876956_7759318124110455_62736882

確かに、この10年間くらいのフィルムの値上げ幅はかなりなものです。

我楽多屋のお客さんの話を聞いていても、「フィルムが高い」「高くて使えない」という不満の声が多いです。

ただ「面白いなぁ~」と思うのは、最近になってフィルムカメラを始めた若い世代はフィルムはそういう値段のものとしてこの世界へ入って来ているので、決して安いものとは思っていなくても、自分の小遣いをやり繰りしてちゃんとフィルムで写真を撮っているんですよね。

だって彼らは、カラーフィルムが1本100円くらいで買えたり、お店によっては現像出したらフィルムを1本くれたり、同時プリントは現像代のみでプリントは0円なんて時代を知らないのだから、比較対象がないわけです。

でも、30年近く前の一番安い時代を知っている~50歳くらいから上の世代は「高い高い」言って、全然フィルムを使っていない…。

さて、上の画像。モノクロフィルムが何本か入って来たので売ろうと思って期限を見たら、有効期限が2003年5月とか…。20年熟成モノです。

ラベラーで値札を貼る前におおよその値段を考えていたら、パッケージには当時の値札が貼られたままでした。ビックカメラさんで880円。私が付けようと思っていた値段よりちょっと高かっただけ。

この価格差は、価格感?価格観?という点でどうなんでしょう(>_<)

 

 

2022年7月31日 (日)

シャレオツKonica

8月1日(月)、我楽多屋は閉店時間を繰り上げて午後5時に閉店させていただきます。よろしくお願い致します。開店時間も少し遅く午前10時半過ぎの予定です。

 

296815997_7754141517961449_47753864

この時代のコニカは洒落ているなぁ~と思うことがあります。

まず一つ、ボディ上面やキャップなどに記されている「Konica」のロゴが洒落ています。

で、過去の画像を見返していたら「コニカⅠ」の元箱付きの画像があって、元箱に記された「Konica」のロゴがボディのそれよりも、上に右に伸びている部分があってますます洒落ているなぁ~と。

そして、コニカⅡのエプロン。前にも話題にしていますが、弧を描くようなエプロンの形状は色っぽいくらいに美しいんです。

Z3117_4

 

 

2022年7月30日 (土)

赤色LED 要る?

8月1日(月)、我楽多屋は閉店時間を繰り上げて午後5時に閉店させていただきます。よろしくお願い致します。

 

296603381_7750977478277853_10403308

我楽多屋には双眼鏡もちょいちょいと並べています。もちろん、高級品ではありませんけど。

今日話題にするのは、双眼鏡というよりは簡単な作りのオペラグラスです。いちおう金属製で、色はブラウンとゴールドのツートンで高級感が少々。

でも、ずいぶんと長く居座っているので値段を下げようかな…と改めて状態など見ていると、ちょっと緩んでいるのかな?と思って、ローレット加工された部分を回して締めると、赤く光りました。

「何じゃこりゃ!?」と、一気に怪しさを感じ出すことになります。

調べてみたら、販売サイトに「暗い会場でパンフレットを見るのに便利な赤色LED付き。何故赤いLEDなのかというと、暗い会場に慣れた瞳孔が開かずに照らした場所を見るからです。白い明るい光だと瞳孔が開いてしまい、目が慣れるのに時間がかかってしまう為です」とありました。

オペラグラスを覗いて見るような離れた距離をこの程度の明るさで照らせるのか??と。

店の中を暗くして試してみました。覗いてみると、近距離であれば明かりは届いていますが、ごくごく僅かな一点しか照らせていません。そもそも案内にあるようなシチュエーションがあまり想像出来ないし、実用にならなさそうなんですけど...。

そういえば、こんな怪しいのもありました「NiGHT SCOP24」→https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/03/post-e1fe.html

だからと言って、こんな怪しいのばかりではないですよ。ニコンやペンタックスの少し前の普及版などは並ぶことあります。

 

 

2022年7月29日 (金)

カメラと飲み

お客さんに教えてもらって知ったのですが、秋葉原のにっしんカメラさんがカメラ屋としての通常営業を終えた後にバーとして営業をされているそうです。

確認したら、数ヶ月前からだそうです。それに先立って、今年の春先にクラウドファンディングもされていたようです。

改装時に新調された大きなカウンターを活用してウインドウに並んだカメラやレンズを眺めながら、お酒を立ち飲み~という形態だそうです。新しいですね。

同時にネット検索で引っかかって来た中に、自転車とお酒とフィルムカメラが全部楽しめるお店というのもありました。バーなんだけど、自転車やそのパーツが飾られ、オーナーが修理したカメラも飾られている(くれるらしい)らしいです。

 

私も長年いろいろなお客さんとお話をさせていただく中で、「二代目、カメラをネタに話が出来るようなバーもやってみたら~?」みたいなことを言われたこともありますけどね。母が長年飲み屋をやっているので、ちょろっとくらいは考えたこともありますが…。

でも、実際には1回だけ忘年会を我楽多屋でやったことがありました。「立ち飲み処 我楽多家」として。それも相当に悩みました。商品があるところで飲食をする~という点で、我楽多屋ではほぼ商品がむき出しですから。

15665461_1336964243012574_276726376

 

 

2022年7月28日 (木)

箱に入っていると…

295047134_7737629532945981_42559779

我楽多屋には売り物におけるジンクスみたいなのが幾つかあって、その一つに「元箱に入れていると売れない…」という傾向があります。

中古品それもジャンク系が多いので、もともと元箱が付いてること自体が稀なんですけど。元箱があっても、品物自体の状態が良くなかったり程度が悪い場合は「入れる価値無し」的な判断で、元箱は処分してしまうこともあります。

うちに限ったことではないと思うんですが、中古屋さんって...元箱を商棚に並べると場所を取るし、品物とは別の場所で保管するのは管理が面倒なので、そもそも元箱を敬遠する傾向もあるんですよね。

もちろん、元箱に入れて新品同様で通るような品物なら別の話ですけど。

 

また、今回の例がそれにあたると思うのだけど元箱に入れていると、お客さんの目に品物の実体が視覚的に訴えていかない点が売れない理由の一つだと思っています。

しばらく、元箱(というか透明なパッケージ)に入れてましたが、もう出してしまおうと思っています。透明なパッケージだけど中の品物が良く見えるわけでなし。

296015819_7737629516279316_77627093

これ、ベルボンの「プレジョンレベラー」という品物で、新品定価18,000円くらいしたものです。今でも新品を実売10,000円ちょっとで売っています。2~3ヶ月前に物々交換で持ち込まれましたが、前のオーナーさんは5,960円の特価で買っているんです(値札が付いたまま)。それを我楽多屋では1,800円でしばらく置いてますが、手に取って見る人はほとんど居ません…。

水平出し&パノラマ撮影向けで、動画撮影には必須!!とのことです。

 

 

2022年7月27日 (水)

機影✈

本日水曜日は、我楽多屋の定休日です。よろしくお願い申し上げます。

**************************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、品川インターシティです。

予定が狂ってしまって、品川インターシティにあるコーヒーショップで時間潰しをしていました。スマホの画面を見ていたら、視野の端で何か動くものがありました。

視線を移すと、コーヒーカップの中やトレイに上空を飛ぶ飛行機が映りこんでいたのです。羽田空港へ着陸する新ルートは品川駅付近の真上を飛ぶので。

294576852_7706181072757494_89464277

2022年7月26日 (火)

光学式露出計

295889790_7732309796811288_37349717

露出計の種類の一つに「光学式露出計(視野消失式とも)」ってのがあります。

測光したい方向へ向けて覗いた時、その明るさに応じて視覚的に得られた数値などをもとに、換算表を見て露出を判断する方式です。

過去に2件、光学式露出計を話題にしています。

 

下の画像は我楽多屋店内である方向に向けて露出計の接眼部を覗いた時のもの。

294936493_7732251186817149_58112338

この露出計の場合、接眼部から覗いた中には「1」から「17」までの数字が存在しているのですが、画像の時の条件では数字が「8」まで読み取れますよね。

そしたら、本体の可動部を回して赤い矢印(一番上の画像で本体の奥の方に見えています)を同じ数字の「8」に合わせます。次に赤い矢印の下側、縦長の窓(窓の横には絞り値が列記されています)に現れた数値(シャッタースピード)を読み取る~という感じです。

なお、それ以外にも加味するべき条件があるようで、本体には小さな文字でたくさん何かが書かれていますがドイツ語のようだし読み取れません。さらに、フィルム感度がDIN表示なうえ低感度までしか対応していないし...。

って、自分でも何を書いてるのかよく分かってないくらいだから、意味不明な方も多いと思います。すみません。

最後に、よく分からず話題にしましたが、この露出計はBEWIのブランド名で知られる、ドイツBERTRAM社のごく初期の製品と思われ、1930年代初め頃のもののようです。

  

 

2022年7月25日 (月)

木箱入りフィルム

★本日25日(月)、我楽多屋は閉店時間を繰り上げて午後5時半に閉店させていただきます。よろしくお願い致します。

 

295491765_7728784860497115_24732288

お客さんが「これ差し上げます!」と言いながら差し出された木箱には、「銀座かすてら」と書かれていました。

ん?差し入れ?と一瞬思ったけど、包装されているわけでもなく...。

開けてみると、コダックの業務用カラーフィルムがキッチリと入っていました。期限が切れてから干支が一回り過ぎている未使用フィルム。テスト用などに使わせていただくことで、お言葉に甘えて頂戴しました。

ところで、この木箱のサイズ。フィルムがパッケージごと12本見事なまでにキッチリと入るサイズでビックリ。

銀座WAKOって「かすてら」も売ってるんですね~。検索してみたら、もともとカステラも12切れ入りらしいですよ。