我楽多屋で買った    モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2022年10月 | メイン

2022年11月

2022年11月18日 (金)

最強デジカメ!?

316042562_8269856146389981_80210605

一昨々日の朝、テレビでチラッと紹介されているのを見て、すぐに足を運んだお店は「3COINS」。厳密には「3COINS+plus」か。

どのみちカメラ店ではありませんが、その雑貨店に最強デジカメを買いに行ったのです。ん、これも厳密にはあるモノを最強デジカメにするモノを買いに行ったのです。

その名は「ワンハンドシャッター」。

316031957_8269856253056637_34481735

まるでAF一眼レフカメラのグリップ部のような形状をしていて、それをスマホに付けると片手でラクにシャッターが切れるという便利グッズ。スマホとはBluetoothでワイヤレス接続します。

最近のスマホカメラは十分に高性能ですから、このワンハンドシャッターを取り付ければ操作性も含めて最強デジカメに変身する!というわけです。

おふざけでライカの赤丸マークを付けてみました(>_<)

316033938_8269856113056651_30609683

 

 

2022年11月17日 (木)

故障ではありません

315694275_8256011531107776_48950334

「ご注意ください!」言っても、このカメラを使っている人が日本にどれだけいるんでしょうか…。

ミノックスフィルムを使うフジカラー(フジフィルムではない)ブランドのカメラ「MC-007」です。アクメル・ブランドや本家ミノックス・ブランドでも同類のカメラがありました。1990年代後半の発売です。

少し前にお客さんから「このカメラ、レンズカバー閉じていてもシャッター切れちゃうんですよね」と聞いていましたが、もしかしたら...その個体に発生したトラブルでは?なんて気持ちも僅かにあったので、後から店の在庫にあった2台で試してみても同様な結果でした。

であれば、取扱説明書にそういう注意書きがされているだろうな~と思って確認したところ、レンズカバーを閉じていてもシャッターが切れてしまう~的な表記はどこにもされていませんでしたが、、、

  • 電池の消耗を防ぐため、撮影直前にフィルムを巻き上げることをおすすめします。
  • フィルムを巻き上げた状態では、電池は多少消耗しますので、なるべくフィルムは巻き上げない状態で保存してください。

と似たような注意書きが続けてされていました。

なんか、レンズカバーによるシャッターロック機能が無いことを、この注意書きで誤魔化しているような気がしなくもない...。

 

 

2022年11月16日 (水)

ゴムホースのその後

本日水曜日は、我楽多屋の定休日です。よろしくお願い申し上げます。

**************************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、有明の空き地のゴムホースのその後です。

最初に発見したのはもう1年近く前、その夜景を撮りました。そして、その数ヶ月後に昼景を撮りました。それらについては今年1月に「先週撮ったもの行ったとこ」で紹介しました→https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2022/01/post-5da1.html

今回はその成れの果て...的な。

314997571_8227919677250295_38703458

 

2022年11月15日 (火)

隠し?製造番号

本日第3火曜日、明日水曜日は我楽多屋の定休日です。よろしくお願い申し上げます

 

315540017_8255643737811222_85560163

東独製レンズ「ペンタコン electric 29mm/F2.8」です。このレンズの製造番号がこんな所に!?という場所にありました。

フォーカスを近接寄りに回した時、繰り出してくる鏡胴部分に刻印されているのです。

315217382_8255643747811221_24469243

たまたま繰り出した状態だったら気付きますけど、そうじゃないと気付けずに探し回るパターンかと...。製造番号を確認する必要があって探す際にヘリコイドを回す~という発想はなかなか出来ないと思いますので。

前例として、レンズに記された製造番号が分かりづらい場所にあったことがゼロだったわけじゃありません。マウント面に近い場所に薄っすら記されていたり、とても小さなサイズで記されていたりとか。今回のように隠されていたというのは初めてだと思います。

ちなみに、カメラボディについては過去に話題にしたことがあります。巻戻しクランクに記されていたことや、レンズを外したところに記されていたなんてことがあって、すぐに気付けなかった…という経験があります。

 

 

2022年11月14日 (月)

FLEXILETTEのフィルター

315542142_8250576918317904_11352780

アグファのFLEXILETTEというカメラ、35mmフィルムを使う二眼レフカメラです。

カメラも珍しいけど、それ以上に珍しいのが専用フードだったり、専用フィルターだったり~ってことで、過去に話題にしています。

一昨日ご来店のお客さんが、このFLEXILETTEに使うフィルターを探しに来られたのですが、FLEXILETTEユーザーには耳寄りな!?情報をお持ちでした。

なんと、普通にネジを切った49mmのレンズフィルターが、いい具合にハマるんだそうです。で、オレンジとイエローのモノクロ系フィルターを買っていただきました。

ただし、当然ながら見下ろすウエストレベルファインダーも色付きますし、センターフォーカスやミラージュなんかの特殊効果系フィルターでは本来の効果が得られない場合があるので要注意です。

ネジ込むわけではなくて、いい感じにハマるだけなので、思わずフィルターが落下してしまう可能性もあり得るようです。装着については自己責任でお願い致します。

 

 

2022年11月13日 (日)

FOR LEICA TYPE CAMERA

314723429_8246667642042165_62446026

ちょっと立派な感じのケースに入った「FOR LEICA TYPE CAMERA」と書かれたクローズアップリングのセットです。

一眼レフカメラであれば、クローズアップリングをボディとレンズの間に挟んだとしても、ファインダーを覗けば画角やピントを確認することが出来ます。

しかし、ライカのようなカメラの場合はファインダーで確認することが出来ないのが難点。

315318697_8246693742039555_50548464

このクローズアップリングを焦点距離50ミリの標準レンズで使うと、No.1単体の使用で44~63cm、No.2単体の使用で32~37.5cm、No.1とNo.2を組み合わせた使用で27~29.5cmの接写が可能になり、同包されている特殊換算スケールを使って被写体との距離を測定することで、スケールに記された数値をレンズの距離目盛に合わせればピントが合う仕組みになっているそうです。

315381156_8246667525375510_21479961

315392813_8246667672042162_50730476


 

 

2022年11月12日 (土)

ハイマチックC

314420262_8242413305800932_59107272

ミノルタハイマチックC、1969年発売のシャッタースピード優先の自動露出カメラです。

といっても、シャッタースピードは2速のみ。それもボディに速度表示は無くて、晴れマーク☀の1/250秒と雲マーク☀1/30秒という感じ。

このカメラの一番のポイントは、レンズが沈胴式であることでしょうか。ボディ前面にある薄緑色のボタンを押すとポンッとレンズが出て来ます。元へ戻すには薄緑色のボタンを押しながら手で押して引っ込めます。

315324047_8242413169134279_19548252

繰り出し量は僅か約8ミリ。これでどれほど携帯性を増すのかどうか、わりと微妙な気もしますが。

あと、私だけかもしれませんが...このカメラを見るたびにいつも気になるのが前面のファインダー窓周辺のデザイン。

ファインダー窓のすぐ下に小さな窓がもう1個あって、これは繰り出したレンズの鏡胴部分に記されているイラストによるゾーンフォーカス表示をファインダー内で見られるようにしています。

314053355_8242413222467607_59234882

ファインダー窓とこの覗き窓の周りの処理、四角くなかったり・黒いプレートの露出部が多めだったりし、化粧板が一枚剥がれてしまった?!ように見えませんか?

で、いつも一瞬、欠品?と思ってしまうのです(>_<) 

 

 

2022年11月11日 (金)

ライカとペトリの赤丸

314913045_8237946342914295_62240503

ライカの赤丸マーク、そのブランドイメージを誇るかのような存在ですよね。

ちなみに、日本のペトリにも赤丸マークがありましたし、一部のカメラボディにそのマークが貼られています。

ペトリに限らず、他にも赤丸マークをブランドのマークにしていたメーカーがいくつかりました。それらがライカを意識してのことかどうかは不明です。

上の画像で、ライカM6と並んでいるのは1954年発売の「ペトリ35」なんですが、ライカM6と同じような位置に赤丸マークが貼られています。

これを見て、いけない遊び心が...。

マークの直径を計ってみたら、ライカもペトリもほぼ同じ。ペトリの赤丸マークを剥がして、ライカM6の赤丸マークの上に貼ってみたくなりました。でも、簡単に剝がせる様子じゃないので諦めました。こんな悪戯で…いくら壊れているペトリ35とはいえ、元の状態を崩しちゃいけないですからね。

でも、我慢が出来ずにペトリの赤丸マークをプリントアウトして貼ってみました(>_<)

314767627_8237946372914292_77101642

ところで、M型ライカがこの位置に赤丸マークを貼りだしたのは1967年発売のライカM4 1984年発売のライカM6から。ということは、ペトリの方が先にこの位置に赤丸マークを貼りだしたってことになります。

それと、ペトリの赤丸マークに記されている「K」は、ペトリの旧社名「栗林写真工業」の頭文字で間違いないでしょう。縦に引かれた白い線は少し曲線があって「S」字を描いているようなので、「写真」の頭文字かと思います。

 

 

2022年11月10日 (木)

1969年発売のEX EE

314034519_8223058411069755_40121691

キヤノンの一眼レフカメラ史上で異色の存在と言える、1969年に発売された「EX EE」です。3年後には改良型の「EX AUTO」が発売されますが、このシリーズは2機種で終了。

このシリーズの特徴は、フォーカルプレーン式シャッター機ながらレンズは前玉交換式としているところです。

カメラボディに主光学系となる後玉部分・絞りや絞り調整リング・フォーカシングユニットを置いているため、用意された前玉交換式のレンズ4種(35mm/F3.5・50nn/F1.8・95mm/F3.5・125mm/F3.5)はレンズ毎にヘリコイドや絞りを作る必要がなく、システムとしての小型化が可能になって、コストダウンにも成功したシステムでした。

というわけで、半ば実験的な試みでもあったでしょうし、プロ向け機材でもないので、その信頼性や耐久性についてはどうなんだろうか?という不安が残る、製造後50年近くのモデルなんですが。

最近出て来る個体を見ていると、予想に反して!?案外と動作品が多いような感じがします。

たとえ、シャッタースピード優先機能が不良でも、巻戻しクランクの根元部にあるリングで絞りを操作出来るのでマニュアル露出での撮影が可能です。

314893131_8223058554403074_57583771

その絞り調整リングですが、上の画像で分かるように数値が記されていないうえに、操作をするとクリック感がないので無段階に設定が可能なんですが、最大値と最小値以外の絞り値は手探り?と一瞬心配になるかもしれません。

でも、ファインダーを覗けばそこに数値が記されています。

314360638_8223058437736419_26116525

 

 

2022年11月 9日 (水)

スイカが利いてる

本日水曜日は、我楽多屋の定休日です。よろしくお願い申し上げます。

**************************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、四谷四丁目のあたり。

TOKYO 2020を前にして、新宿区内の大通り沿いなどにある配電地上機器にオリンピックを応援する子供が描いた様々な絵がプリントして貼られましたhttps://www.city.shinjuku.lg.jp/whatsnew/pub/2020/20200117-01.html

まだ、貼られています。

サッカースタジアムをイメージしたイラストが貼られた、この配電地上機器。横にスイカ柄のビーチボール、手前に白いパイロン。それらもコラボでアートしているような感じがしました。

314355623_8199836726725257_52272008