アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2018年12月 | メイン

2019年1月

2019年1月14日 (月)

直して返品!?

47685373_2359621790776673_770278248

先月、ペトリレンズのジャンク品がまとまって入荷してしまったので(笑)、Facebookページにアップしたところ。予想外に早く捌けてホッとしました。

レジカウンターの目の前にカゴへ入れて置いてたので、目立ったのも功を奏したのかもしれません。

10余本あったレンズは1本を除いてすべて標準レンズでした。その1本が画像の135mm。

49770220_2449693641739623_718490915

このレンズ、他の標準レンズよりも確実にレンズ内部はキレイだったのですが、絞りが動きませんでした。

これを買ってくださったお客さんは「もしかしたら簡単に直せるかもしれない~」とご判断されたことと、私も気付いていなかったのですがレンズの製造番号が「86868」という回文調だったこともお買上げのキッカケになったようでした。

数日してから、そのお客さんが「相談があるのですが~」とご来店。ペトリの135mmの絞りは簡単に直ったけども、もともと持っていたペトリのボディが壊れてしまって使いようが無いのでお返ししたく、物々交換など出来ないでしょうか?という内容でした。

ご理解いただいているからこそ~こういう風にご相談くださっているのですが、ドライに話を進めれば、お客さん都合であって返品対応は出来ませんよね。

でも、事情が事情な上に、レンズの絞りは直っているので(専門家の修理ではありませんが)、お買上げ金額そのままで計算して(結果的には返品対応と同じこと)、差額をいただいて別のカメラをお買上げいただきました。

さて、このレンズ...少し前に別のお客さんから「あげる!」と言ってもらったペトリの一眼レフが1台だけ私物にあるので、それ用に手元に置いておこうかなぁ~なんて思ったりもしています。

49838177_2449693605072960_210237643

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月13日 (日)

期限切れフィルムの威力

49422720_2425432100862308_424970906

一昨日11日の16時06分、Facebookページに期限切れフィルムの画像をアップしました。

貼った値札が一部見えていたので、売りものだろう~ということが伝わったのでしょう。1時間後くらいにはお買い求めに来られるお客さんがいらっしゃいました。

11日に3人ほど、明けて12日には4人ほどのお客さんにお買上げいただいて、12日15時頃には合計で30数本あったフィルムがすべて売れてしまいました。

一番乗りはご近所にお住いの方でしたが、続いて、Facebookページを見てバイクを飛ばして来られた方や、11日に数本お買上げくださって12日に再び追加購入のつもりでご来店された方は既に完売後で残念がられていました。

日本語が大変お上手な外国人さんは「もうこんなに売れちゃったのですか?インスタの力ですね!」と言われていました(そうだ、Instagramにもアップしたんだ)。

特におひとり様のお買上げ本数に上限は設けていなかったのですが、他の欲しい人にも回るように~とお買上げ本数を抑え気味にしてくださった方もいらっしゃいました。

今回入荷のフィルムは期限が切れて10年も経過したものがほとんど。それもリバーサルフィルムだったにも関らず、この勢いで捌けてしまったことにちょっとビックリしました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月12日 (土)

左から赤・緑・白・青

49716169_2445927385449582_458333685

この4色の並び方にピンッ!と来る方がいらっしゃったら凄い!

1975年4月から40年以上続く長寿テレビ番組「パネルクイズアタック25」の解答者4人の色の並び順と同じなのです(笑)

何でこんな突拍子もない話なのかというと、推測するに1980年頃のKenkoフィルターのガイドブックに中に「カラーテレビの映像撮影とフィルター」というページがあって、そこに作例として載っていた写真が放送中のアタック25の画面を撮ったものだったからです。

50119466_2445927455449575_531177677

それで4人の解答者の色と同じ並びに色フィルターを並べてみた~というか、かなりくだらないネタでした。

あと、誤解なきように!カラーテレビの画面を撮影するのに向いているフィルターが、これら4色というわけではありません。

このガイドブックの中で勧めているフィルターは、暖色系フィルター(W4やW8やW10)です。これはそのままの撮影では青っぽくなってしまうのを抑えるためです。

ついでに調べてみたら、Kenkoさんはこの後に「TV-CC」というテレビ画面撮影用のフィルターも製品化しているんですよね。で、我楽多屋の在庫にもありました。

49212943_2445927515449569_430039666

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月11日 (金)

135mm!!

49596153_2444200908955563_704577886

今から50年程前、一眼レフカメラが普及し始めているころ、標準50mmレンズの次に手にするレンズといえば、28mm広角か?135mm望遠か?という時代がありました。

そして、28mm/50mm/135mmのレンズを3本セットで所有することがステータスともいえたのです。

しかし、いつの頃からか...135mmレンズは見向きもされないような時代がやってきました。より高倍率の望遠レンズや高性能な望遠ズームの登場などの理由からでしょう。

10~15年くらい前だったか、中古カメラ屋には各メーカーの135mmレンズがキノコかタケノコのように群生して、不良在庫の代表選手のようになっていた時期がありました。

デジタルカメラのマイクロフォーサーズ機が登場してオールドレンズのブームが来ても、残念ながら135mmレンズはイマイチでした。それでも皆さん、オールドレンズ遊びに奔走する間に少しずつはボチボチと135mmレンズにも手を出されたのでしょう。最近では以前のようなキノコやタケノコの群生…に悩むほどでは無くなっていたような気もします。

それなのに!?今!!我楽多屋にはM42マウントのアサヒペンタックス135mmレンズが一挙に並んでいます。

期せずして、「135×135mm展」なる写真展が開催されている真っ只中です。

うちのお客さんも数名出展されています。この写真展の趣旨も『現在では「長い」「重い」「望遠レンズとしては短く中途半端」と確固たる得意な用途を与えられることもなく影の薄い存在となってしまっている気がする35mm判(135Film)の焦点距離135mmのレンズたち』を再認識しようというものらしいです。

48411243_1808389609265584_853997088

  • 135×135㎜展
  • 2019年1月10日~2月3日
  • Gallery Cafe & Dark Room PAPERPOOL
  • 東京都目黒区祐天寺2丁目16番10号 たちばなビル2階
  • 開催日・開催時間はこちらより確認してください→http://paperpool.wixsite.com/paperpool

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月10日 (木)

10年目の出戻りかも...

49245157_2440082759367378_944399175

こんな偶然もあるんだなぁ~とビックリしました。

年明け早々、ご近所にお住いのお客さんから「カメラのボディもレンズもなくて、ホントにアクセサリーばかりなんだけど、家が片付かないので持ち込んでもいいですか?」と電話がありました。

そして、持ち込まれた三脚の雲台やストラップなどの中に、これがあったのです。

ストラップのようなこれ。黒い輪っかになった部分を足で踏み付けて、カメラを垂直方向の上に引き上げることで、カメラを固定する一脚のような役割をするものなのです。

以前にもこのブログで話題にしたことがあるので、今回話題にするのをどうしようか迷いながら、過去の記事を検索したら、なんと!!ちょうど10年前の2009年1月8日に話題にしていたのです。ビックリ(◎_◎;) *この記事を書いているのが、2019年1月8日。

で、以下、当時の記事の一部をそのまんま抜粋します。もとの記事はこちら→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2009/01/post-36be.html

 

***************************

以前話題にした「チェーン式一脚」、その後オリジナル品まで作成してみましたが、これと全く同類のものを発見!

しかし、こちらは「チェーン」ではなくて「ストラップ」。ストラップの端(黒い部分)が輪のようになっていて、そこに足を入れて踏みつけて固定するようです。

「チェーン」の場合は、踏みつける位置でチェーンの長さ(=カメラの高さ)を決めるのだけど、この「ストラップ」の場合は、長さ調整のクリップ状のものが付いていて、そこで長さ(高さ)を調整できるようになっています。

そして、今回入荷したのは、写真家竹内敏信先生のネーム&サイン入りの特製品のようです。

***************************

 

記憶が不確かですが、10年前にこれを買っていただいたのが今回持ち込まれた方で、出戻りのような気もしてきました…。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月 9日 (水)

ドローン

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

**************************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、ドローン上げている人。

先週火曜日の元旦にこれを撮ったと言うと「初日の出!」と思われるかもしれませんが、元旦は昼前まで寝ていたので、これは日の入りです。

ドローンを上げている人が砂浜に居たので、ついシャッター切りました。

この後その足でトイザらスを覗いたら、ドローン(おもちゃですが…)を売っていたので欲しくなってしまいましたが...我慢しました。

49517973_2439519299423724_303808908

2019年1月 8日 (火)

もう M型ライカ

49449272_2437917629583891_314362971

つい10日程前に、「ついにスーパーネッテル」で話題にさせていただいたばかりのカメラ歴8ヶ月のお客さん。とうとうというか、もう、M型ライカに到達してしまいました。

ネットでライカM2を入手されたというお話だけは年末のうちに、ちょろっと聞かせていただいていたのですが、シャッターレリーズが深いうえに押し続けていないとシャッターが切れない…という不具合を抱えた個体だったとのことでした。

が、年明けて早々に「撮影を終えました~」と現物を見せてくださいました。

シャッターレリーズの不具合はご自身で解決されていました。ライカ純正品で言うとOZTNOという、本来はスクリュー用レリーズをM型ライカに使用する時に使うアダプターを付けることで、普通にシャッターが切れるようになっていました。

私が凄いな~と思ったのは、前述のような症状に対してOZTNOの社外品を入手して試してみた!という発想。切れ者ですねぇ!

そして、M2に装着されたレンズがまた渋い。フロントキャップが付けられた状態でレンズが何か見抜けなかったのが悔しかったのは、フジノン50/2.8。中古カメラ屋廻りを頻繁にされているので、こんな出物にも運良く遭遇されているんですね。

そんな話をしているところへ田中長徳先生がご来店されて、カメラ始めて8ヶ月でこれこれなんですよ~と説明したら、「それは先が思いやられるなぁ~(笑)」とコメントされていました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月 7日 (月)

新年早々偽貫禄

49784188_2435890799786574_216290651

年末に常連さんのSNSを見てから、ずーっと気になっていたことがあります。

その常連さんが、きったねぇ~ライカM6を入手された画像をアップされてたからなのです。

それに影響されて、自分のM6もきったねぇ~くしたくてウズウズしていたのです。もちろん偽貫禄ですよ。

で、新年営業日3日目にして、ついに施工しました。

偽貫禄ですから=上から簡単に塗っているだけですから落とせるのですが、やり過ぎて嘘っぽくなるのも嫌なので、とりあえずは控えめに塗ってます。

ブラックペイントの場合は擦れた部分に真鍮色が出てくるのですが、M6はブラッククロームですから擦れると色が薄れる感じになるので、そんな感じに塗りました。これで、ちょっとウズウズが収まりました。

こんな風にいい加減に上から塗るなんてケシカラン!とか言わないでくださいね。もう7年近くも前から遊びの一つとして、「偽貫禄クラブ」なんてのが存在しているんですよ。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月 6日 (日)

変わり種ストラップ

49662976_2433977629977891_496000100

物々交換で持ち込まれた中にあった、ちょっと変わったストラップです。

持ち込まれたYさんに教えてもらわなければ、どんな風に使うストラップなのか分からないまま...ぞんざいに扱っていたかもしれません。

では、どういう使い方をするのかと言いますと、同時に2台のカメラを提げられるストラップなのです。そして、片方のカメラを外した時にそれはそれで別に提げられるようにする肩当て部分も別途用意されているという~アイデア品なのです。

Yさんが「どういう2台を提げるのか!?センスを問われるよねぇ~」と言われていたので、この記事内でサンプルとしてセットする2台を選ぶことにも、プレッシャーを感じてしまいました。

センスを疑われるのもイヤなので、無難にフィルムカメラとデジタルカメラの2台持ちをイメージした、オーソドックスな組み合わせにしてみました。

49535891_2433977613311226_112108152

49564120_2433977676644553_429349334

Yさんからのご希望がありまして「このストラップを買われる方には、どんな2台を提げるのか!?購入後に報告してもらいたいよねぇ~」とのことでした。

 

★新年は4日(金)から、通常営業しております。

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2019年1月 5日 (土)

Welmy 6の場合

49763662_2431814553527532_877267272

年末にも同じくスプリングカメラのファインダーを話題にしましたが、このWelmy(ウェルミー)6のファインダーにも注目です。

前回のMihama(ミハマ)6と同じように、前面ら見たときに軍艦部に窓が二つあるので、もしや距離計内蔵なのか?と思うかもしれません。

ミハマ6は6×6と6×4.5でファインダーを分けているので、窓が二つでした。

このウェルミー6の場合は、一つは透過式のアイレベルファインダーで、もう一つは反射式のウエストレベルファインダーを並べているので、窓が二つなのです。

49348606_2431814606860860_891749430

昭和30年前後、いろんなメーカーがカメラを競って造って売っていた時代には他と違うことをアピールするためにも、こんな風にいろんな特徴を持ったカメラが登場したんだと思います。

ちなみに、ウェルミー6は、大成光機が造ったカメラです。大成光機といえば、このブログでは35ミリカメラの「ウェルミー・ワイド」が何回か登場しています。

 

★新年は4日(金)から、通常営業しております。

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。