アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 「P」マークのシール | メイン | 東京都写真美術館 »

2014年8月26日 (火)

まるで目出し帽

Dscf5601_960x1280

この画像、数日前のお客さんカメラなのですが、「怪しい」ですよね~~。

普段からあまり一般的でない系の重装備系が多いMさんなんですが、これは目出し帽を被った悪者チックでかなり怪しげ。。。

これの中身のカメラが何か当てられたら~、それはかなり重症なマニアさんですね(笑)。

きっと、当てられる人はほとんどいらっしゃらないと思うので、すぐに答えを言ってしまいます。

中身は「モータードライブ付きのライカフレックスSL2 MOT」で、目出し帽的なのはそれを丸ごと収納出来る消音ケースなのです。

シャッタースピードダイアル部分と、背面のファインダー窓の部分だけは、操作出来るように・覗けるように穴が開いています。

消音ケースは、シャッター音やフィルム巻上げ・巻き戻し音がまわりの騒音にならないようにするための道具。デジタルカメラでもミラーがある一眼では、今でも必要とされますが、フィルム時代ほどでもないのかな。。。あと、防寒の目的も兼用されてますね。

さて、あまりの衝撃で「巻上げはどこからするんですか?」と、相当に間の抜けた質問をしそうになった私。話をうかがっただけで、中身を見せていただくことも忘れてしまいましたが、少し前に、モータードライブを装着されていない状態では、そのお姿(ケースの中身)を1枚撮らせてもらっていたので、、、それが下の画像です。

10527601_693924967346372_3021669620

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。