アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« フィルムカッター | メイン | 写真の日 »

2015年5月31日 (日)

SGOOD 85mmファインダー

Blog3720_1280x960

カメラ屋人生20余年、恥をさらします。

ライツの85mmビューファインダー「SGOOD」について。

先に言い訳をしておくと、初めて見たわけじゃないですし忘れていた~という方が正しいのかもしれませんけど、まぁ~不覚には違いありません。

新たに入って来たアクセサリー類をチェック中のこと。「SGOOD」の見え具合を確認しようと覗いてみて、「あれれ?フレームが見えないなぁ~」と。

ちょっと角度を変えたりして覗くと微妙に見えなくもないが、眼鏡をしているからか!?と思って眼鏡を外して覗いてみても見えないものは見えない。それは自分の眼が相当に悪いからかも。。。

そこでひらめいたのが、「眼鏡をしているが乱視矯正が目的で、俺はそんなに目は悪くない!」と言っている買取名人。

買取名人に「このファインダー、フレームが見えないんだが。。。」と手渡すと、「全然大丈夫でしょ!」と言いながら覗いた向きが、さっき自分が覗いたのと逆側っ!

そりゃ~大丈夫なんでしょ。。。私が間違った逆側から覗いてたんだから。。。恐れ入りました。。。

「Ernst Leitz ~」って記された側から覗くんじゃなくて、径が大きくて周辺が黒い側から覗くのが正しいのです。

まぁ、その場にお客さんがいらっしゃらなかったから良いけど、穴があったら入りたい気持ちってやつです。

でも、ですね。ボディに付けた格好を見ても、逆側の方がスマートに見えませんか!?

↓ これ正しい向きでの装着。

Dscf3718_1280x960

↓ これ逆向きでの装着。

Dscf3722_640x480

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。