アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 新宿駅西口交番 | メイン | 気合いの入った!?露出計 »

2014年10月30日 (木)

2590グラム!

Img_1652_1280x960

福山雅治さんが「東京にもあったんだ」という歌を唄っています。

このレンズを見た時に、「こんなレンズあったんだ」というフレーズが、その歌のメロディに合せて頭に浮かびました。実は字余りだけど...(笑)。

これ、ソリゴール製のレンズ。

体積的には、ミラーレンズの500㎜?800㎜?みたいな感じですが、焦点距離は135㎜。

なんで、こんなにデカいの?と思われるでしょう。F値1.5の大口径レンズなんです。フィルター径98㎜。そして、重い!その重さ2590g。

ちなみに、キヤノンの現行サンニッパ、EF300㎜F2.8L IS Ⅱ USMの重量は2350g。

Img_1655_960x1280

1970年カメラ総合カタログによると、正式名称「PSソリゴール135mmF1.5」。値段は73,500円。

ニコンFのアイレベル付きボディが44,200円、キヤノン50㎜F0.95が57,000円の時代のお話です。

三脚座を締めたり緩めたりする部分はこんな造りしています。

Img_1647_1280x960

ご覧のようにプレセット絞り式。多分名称の「PS」はここから来ているはず。 

Img_1650_1280x960

マウントは交換式で各社用のアダプターが用意されていたようです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。