アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

カメラ提供意思表示カード

Dscf3667_1280x960_2

買取り専門アローカメラの新企画「カメラ提供意思表示カード」、店頭にて随時受付中です(ご遠方の方は、お電話でお問合せください)。

大切なカメラ遺産を守るためにご賛同の程、よろしくお願い申し上げます。

カードの詳細は、こちらよりご確認くださいませ!

 

2017年11月18日 (土)

去年の冬、きみと別れ

Photo

その映画のタイトルは「去年の冬、きみと別れ」ですが、わたし的には「来年の春、見るのが楽しみ」です。

原作は「2014年本屋大賞」にノミネートされた、芥川賞作家中村文則の「去年の冬、きみと別れ」。監督は瀧本智行、脚本は大石哲也。主演は三代目 J Soul Brothersのメンバー岩田剛典、ほかの出演陣も斎藤工、山本美月など今売れてる有名どころ。

つい最近公開されたこの映画のティザーポスターには、レンズが描かれ、そのなかには火に包まれた女性の姿があります。

このポスターで「ピンッ!」と来たあなたは、恐ろしいほどのうちブログの愛読者。

そう、3ヶ月ちょっと前にブログ記事にした「火にかけるかも…」は、この映画への機材提供へのことだったのです。

Kyonen

提供した機材が撮影でどのように使用されて、映像にどんな風に映り込むのかはまったく不明ですが、いや…知らされていないからこそ、来年3月10日公開が楽しみです。

この内容から推測して、全国かなりの数の劇場で公開されるのは間違いないでしょう。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月17日 (金)

Fotochrome

Dscf8752_1280x960

この「Fotochrome(フォトクローム)」が幻のカメラと呼ばれる所以は、実際に販売されなかった経緯があるから。

1965年、アメリカのフォトクローム社の依頼で日本のペトリが製造したカメラです。

印画紙入りの専用カートリッジを使用するインスタントカメラでしたが、何らかの事情で販売されることはなく500台程が日本に戻って来て、フォーマットが6×9だったことから、そのうち百数十台がブローニーフィルムを使えるように改造されたのだそうですが、ここにあるのは未改造品で、このままでは使いようが無いカメラです…。

形状が独特なこともあって、我楽多屋の天井に吊るしてあるディスプレイの中の1台にもあります。

 

昨日16日から、そのフォトクロームで撮った写真で展示される写真展が始まっております。11名によるグループ展で、そのメンバーの中には我楽多屋のお客さんのお名前も数名発見できました。

カメラ自体の改造の大変さなどもあるでしょうが、露出操作が自分で出来ないカメラなので撮影に苦労された作品もあるようです。

Dscf8753_960x1280

  • 「フォトクロームカメラグループ写真展」
  • 2017-11-16~26
  • Gallery Cafe & Dark Room「PAPERPOOL」
  • 目黒区祐天寺2-16-10 たちばなビル2階
  • 営業日:木~日曜(営業時間要確認)
  • http://paperpool.wixsite.com/paperpool

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月16日 (木)

特上ゾルキー!?

Dscf8747_1280x960

「バルナックライカを調整に出したら、改悪されてゾルキー以下になって戻って来た…」なんていう悲しい話を最近聞いたばかりだったので、余計に感動が大きかったゾルキーです。

ゾルキーは、ドイツのライカをコピーしたロシア製カメラ。ただ多くの個体で、巻上げの感触がゴリゴリしていたり、シャッター切ってもゴトンって感じだったりします。

画像のゾルキーは物々交換でやって来たのたですが、かなりキレイな外観の程度以上に、巻上げの感触やシャッターの切れ具合が良いのです。といっても、そりゃまともな状態のライカに比べたら良くないですよ。

シャッター幕もきれいだし、ファインダーの見えも良いので、どこかで整備されたものなんでしょう、きっと。

この感覚が何かに似てるなぁ~と思ったら、スポーツで常勝チームを応援するのと、そうじゃないチームを応援するのに似ている気がしました。

ライカは感触良くて当然、ジャイアンツは勝って当然。でも、ゾルキーの感触が良いと喜びが大きいのは、弱いチームが勝った時に喜びが大きいのと同じなんだろうなぁ~と。

果たして数日後、改めてそのゾルキーの感触を確かめてみましたが、たしかにゾルキーとしては良いです。ただ最初に感じた感動はやはり、、、改悪ライカの話を聞いた直後だったのが相当に作用していたように思えてきました(^-^;

それでも、こういうワクワク的な楽しみがあるのが、中古品や共産圏産のカメラだったりするわけです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月15日 (水)

大井町

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

*******************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、大井町です。

飲み屋さんの集まる一角があるという大井町。ディープであることは聞いていました。そして、実は1年ほど前に明るい時間に少しだけ散策したことはありました。ただ、夜に行くのは今回が初めて。

立ち飲み屋さんも多いということから、勝手にイメージしていたのは日本酒が似合う飲み屋街「おおいまち」だったのですが、洋酒が並ぶバー的なお店もチラホラな「OIMACHI」でもありました。

23380193_1747939835248344_170318600

2017年11月14日 (火)

チェキトートバッグ

A5d803faddaa2a142256d02f53e1b015670

昨日に続いて、我楽多屋の案内めいた内容にもなりますが、我楽多屋のお客さんの9割がたは男性です。

先日、珍しく女性の、それも私48歳のジジイから見て、二十歳に届いていないような女子がご来店されました。

ドアを開けて入って来るなり「こんにちは~」と女子からの挨拶。「いらっしゃいませ」と言っても、何の反応もしない男性陣もいらっしゃる中、素敵な対応(^-^)。

店内を物色される女子。しばらくして気が付くと、肩から提げられたトートバッグにチェキのプリントが飾られていました。気になったので、何かお買い上げいただいたらお声がけしようと思いました。

品探しをされていらっしゃるお客さんに、こちらから「何をお探しですか?」とか「お手伝いしましょうか?」とか、基本お声がけしないのが我楽多屋。宝探しを楽しんでいらっしゃるお客さんもいらっしゃいますし、何か探し物をされていても、それ以外のモノを見つけて喜ぶお客さんもいらっしゃるからです。

逆に質問されればお答えしますし、あまり雑に品物を扱うお客さんにはこちらからお声がけします。

さて、先程の女子が何か探されている間に、男性陣が3~4人ほどご来店され、程なくその女子は探し物が見つからなかったのか!?そのまま帰られてしまったので、お声がけするタイミングを逸してしまいました。

カメラ女子には積極的にお声がけするようなお店もあるようですが、女子だからって特別扱いするのは嫌だし、女子だけには面倒見がいい店~なんていうのも好きじゃない。

さて、後から調べてみると、こんなトートバッグが売られているようです。その名も「チェキトートバッグ」。バッグの外側片面にチェキのプリントを差せるポケットが15個並んでいます。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月13日 (月)

我楽多屋のカメラ・レンズ

我楽多屋にあるカメラはほぼ100%が現状売りですので、出品前に整備点検しているカメラはほぼ皆無です。

でも、値付けをしないといけないので、当然ながら簡単な動作チェックはしております。ここが、市場性の低いカメラ・レンズは味噌も糞もジャンク棚やジャンク箱へ移してしまう店との違いでしょうか。

なので、稀に「他より高い」と言われることもあります。でも、それは使えることをいちおうチェックしているから。使えるモノまで壊れたモノと一緒にして、ガチャガチャするのはカメラに対して失礼!ってな考えもあります。

さて、その動作チェック。ある意味おおまかですけどね。

電池を必要とするカメラは電池を入れて、オート機能が正確そうかどうか。それがダメでもマニュアル操作をすれば使えるのか、などをチェックします。また、電池を必要としないカメラも含めて、低中高速シャッターがどうか?ザックリと確認。レンズはカビやクモリの有無、有っても使えるレベルなのかどうか、絞りは動いているかなど~のチェックをしてます。

なので、「OK」といっても、大らかにみてOKです、現状でOKです。

そして、「低速ネバる」とか「クモリ少し」とか、気になるチェックの結果をなるべく小さな値札の中にメモ書きするようにはしております。ただ、ファインダー汚いとか~覗けば分かるような場合は、書いてない場合も多々あるのでご了承ください。また、その値段から明らかに使えないものと判断できそうな場合も未記入だったりします。

Img_4947_2

何で改めて、こんな説明をしたかといいますと、田中長徳先生がご自身のSNSやブログで、最近お買い上げいただいたトプコンRを気に入って使われていることを画像付きでアップされていらっしゃいます。

そのトプコンボディに「3,800円」の値札が貼ってあって、それを見た人が「安い!」的な反応をされていらっしゃったからです。あの個体、ファインダーがわりと汚なめで、シャッターもどこかイマイチだったのです。

長徳先生的には、写りに影響するわけじゃないのでファインダー汚れを気にされないし、シャッターも不調な癖を理解したり、そこを使わなければいい~という割り切りをされていらっしゃる、そう!大らかに見てくださってるんです。

リンクを貼った長徳先生のブログ記事内には、その後にトプコールをお買い上げいただいたことも載っております。これについては、正直、私のチェック漏れでした(^-^;。ヘリコイドが固着していることはチェック漏れでして、記事にもあったように値下げ対応になりました。

大らかになることで、かなり幅が広がりますよ(^-^)。それが我楽多屋です。

中古カメラ・レンズ遊び、他にもいろんなタイプというか、ジャンルがあります。事前に整備点検されて初期不良などの保証がある中古買いもいいですし、ジャンク箱の中から自分の目を効かせて掘出しモノをGETするのもいいです(←ただこの場合、既にジャンク箱の中でガチャガチャにされているのは悲しいこと)。皆さんがその目的やご自身のタイプに合わせて、お店選び出来るところにも面白みがあるのかもしれません。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月12日 (日)

フィルム必携

もう何年も前からご来店いただいているお客さん。数年前にご遠方の出身地へ戻られたので、来店機会は減ってしまいましたが、昨日午後ご来店くださいました。

お話によると、お仕事で数日間中国へ行かれていて、激務でお疲れの帰国後早々に銀座へ。買取名人出身の三共カメラさんで<壊れている~>の覚悟で、この「リコー35 De Luxe」を購入されたそうです。

経験上、シャッター動かないのは固着が原因と推測して、購入後に食事しながら何回かシャッターを連続で切っていたら復活したそうです。

早速フィルムを装填して、その後に我楽多屋へ。革ストラップをお買上げ即装着~の画像です。

Dscf8743_960x1280

更に聞くと、「いつどこで琴線に触れるカメラに出会うか分からないので、フィルムはいつも持ち歩いています。」とのこと。

「え?仕事で行かれた中国へも?」と質問すると、もともとコンタックスT2あたりを持参する予定だったらしいのですが、出発前のバタバタでカメラは忘れてしまったもののフィルムだけは中国にも持って行かれていたそうです。

うちの店を出る前に首から提げられて、ご機嫌な感じでお帰りになられました(^-^)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月11日 (土)

ワインダーっ!

Dscf8742_1280x960

今日はかなりおふざけ。

今や...いや、今のデジタルカメラでは巻上げという行為自体が必要じゃないので、「今や」はおかしいなぁ。

フィルムカメラにおいて、その歴史の中で晩年...いや、「晩年」と言ったらもう終わってしまっているみたいだなぁ。

AFカメラが主流になった頃からなので1980年代後半くらいから、フィルムを巻き上げるという行為はカメラボディ本体にその機能が組み込まれてしまいましたが、その前の世代、巻上げレバーが付いて指でフィルムを巻き上げていた時代には「ワインダー」や「モータードライブ」と言って、カメラボディの底に取り付けて、モーターの力で巻上げをするカメラアクセサリーがありました。

当初はプロが使うアクセサリーという印象が強く。ある程度普及して来てからも、予算的に無理をしてカメラボディを買ってしまうと、ワインダーやモータードライブまでは予算が回らなかったりして、、、やはり少し高嶺のアクセサリー的な存在で憧れたりしたものです。

で、その憧れの意を込めてっ!

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月10日 (金)

アーガス a-four

Dscf8734_1280x960

アーガスというと、「レンガ」とか「お弁当箱」の愛称がある『C3』という真四角のカメラをイメージしがちですが、こんなカメラもあったのですね。

「argus a-four」といいます。

外装の多くはベークライトっぽいのですが、正面から見て「T」の字状に見える部分などは金属で、見た目から想像するより重みもあって、シッカリと造られた感じです。

使用フィルムは35ミリだし適当な大きさなので、気軽に持ち出して使えそうなカメラ。

Dscf8740_1280x960

先週のノリで続ければ、「フランス製カメラ」「チェコスロバキア製カメラ」につづいて、「アメリカ製カメラ」ですね。

フランス国旗もチェコスロバキア国旗もデザインは違えど、青白赤の3色でしたが、アメリカの星条旗も使われている色は青白赤の3色ですね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年11月 9日 (木)

ペトリ末期症状

23376618_1718855378186654_169883316

もうかれこれ10年近くご来店くださっている、通称「ペトリさん」。その名の通り、独自にというか趣味でペトリのカメラを収集・研究されていらっしゃるお客さんです。

ペトリカメラの全盛時代は、日本のカメラ全盛期と言っても良いであろう50年ほど前のことですし、もともとが大衆機なので、現存する比率は高級機などに比べて低くなります。

よって、ペトリさんにしても最近は気になるものをGETする機会が減少しているようなのです。

が、先日ご来店いただいた時に「今日はお見せしたいものが数点あるんですけども…」と言いながら、カバンから取り出されたのが複数台のペトリ。

ただ、どれもペトリがカメラを販売していた晩年に近いモデルばかり。実はそうなると、製造は自社でしていないんですよね。コシナ製ペトリなんかが多い。

で、ペトリさん「こうなってくると、自分が何をしているのか分からなくなってきましたよ。ペトリじゃなくて、コシナを集め出しているみたいになって来ている…」と嘆かれていました。

これはもう、いろんな意味でペトリ病の末期症状ですね。

23172733_1743939092315085_231231777

そして、さらに110カメラのズーム付きまでありました。

今回見せていただいたカメラは、この1ヶ月くらいの間にリサイクル系のお店などで発掘されたものだそうです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。