アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 我楽多屋買ったモノマガジン更新 | メイン | 純正品vs社外品 »

2014年8月 8日 (金)

トマソン

「超芸術トマソン」とは、「不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物」のことを言いますが、、、その無用な部分をクローズアップして、カメラ系トマソンなんてのを探してみたら面白いかなぁ~なんて思ったりしているこの頃。

そのキッカケは、こんな画像をFacebookページにアップしたこと。その時に「トマソン」とコメントくださった方がいらっしゃったからです。

さて、ここにある「Keystone K185 Slim Line」という、使い捨てカメラ(レンズ付きフィルム)に匹敵するレベルの超簡単カメラ。

Dscf5442_1280x960

底面を見ると、ふつうは電池蓋になっていそうな部分に、「BATTERIES NOT REQUIRED DO NOT OPEN」って書いてあります。バッテリーを必要としないから、開きません~ってことらしいけど。

Dscf5440_1280x960

実際、蓋っぽい切れ込みはあるけど、どうやっても開きそうになりません。

それによく観察すれば、このカメラは電池を必要とするカメラとは見受けられない。巻き上げも巻き戻しも手動、内蔵ストロボの発光部らしきところは目隠しされて「K185」って型番記されてます。露出計ももちろん無さそう。

容易に推測出来ますが、ストロボ内蔵モデルもあって、それをベースにした省略版なんでしょうね、このモデルが。

これ、カメラ系トマソンとしてもよいでしょうか???

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。