アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« すべすべフィルター | メイン | ロシア産1点もの! »

2020年11月16日 (月)

レンズシャッター式一眼レフの高級機

125862656_4646999258675706_18113284

日本では1950年代後半に登場した、レンズシャッター式一眼レフカメラ。

シャッターユニットを外部供給(外注)出来るという手軽さがメーカー側にあったので、廉価版のカメラを中心に1960年代は各社からボチボチと販売されていました。

でも、1970年頃を迎える頃には技術力の向上などからフォーカルプレーン式一眼レフカメラの製造が各社容易になって来るので、廉価機でもフォーカルプレーン式を導入するようになります。

1970年代に入ってからも国内でレンズシャッター式一眼レフの製造を続けていたのは、コーワとトプコンの2社だけだったようです。

そういう背景の中、この「コーワ SET R2」(1970年発売)は当時のコーワの最高級機で、シッカリと作り込まれた稀少なレンズシャッター式一眼レフです。解放測光式TTLメーター内蔵、クイックリターンミラー、交換レンズが28mm~200mmまで揃っていました。

シャッターを切る際に複雑な動作をするこのカメラの内部構造は、レンズ交換式ではありませんが同内容のボディを持った「コーワ SE」を紹介した時に話題にしていますのでご覧ください→https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2014/04/kowa-se.html

レンズマウント部分が複雑な構造をしているように見えるのも、そのためでしょう。

125544878_4646999485342350_83199171


とはいえ今回、交換レンズの135mm/F4が無ければ、話題にせず素通りしちゃっていたかもしれません。この135mmの存在感が凄いです。

125491336_4646999292009036_43300669

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

  

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。