アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Huji Cam | メイン | ライカM何? »

2020年6月15日 (月)

梅雨はニコノス!?

103084747_3922995747742731_51974771

一昨日の閉店際に並べた「ニコノスⅤ」。

昨日の朝一でご来店のお客さんから「潜れるのかな?」と聞かれたので、「Oリングのメンテナンスなどしていないだろうから駄目でしょう。でも水を被るくらいなら全然大丈夫なんじゃないですか!?特に今の梅雨の季節には天候を気にせず使えるんじゃないですか!?」とお答えしました。

さらに「シャッター音が静かなのも使い道によっては利点になりますよ」と、珍しく後押しをするようなことを続けて言ってみました。

そのお客さん、その後もご購入を迷われている様子で、「これ、電池を入れないとシャッター切れないのかな?」と言われたので、「昨日、動作チェックしたときの電池をそのまま入れているから、切れるはずですよ」と返しながらも、もしや一晩で壊れたか?という不安もあって、お客さんからボディを受け取って確認したところ、ちゃんとシャッターは開いてました。

そう、シャッター音が静かだから、お客さんは切れていないと思われていたのでした。

結局、そのニコノスⅤをお買い上げいただいたわけですが、シャッター音が思わず静かだったのが決定打だったのか、それとも、梅雨のこの時期、屋外で気にせず使えることが決定打だったのか、ちょっと興味深いです。

それから、これをお伝えするのを忘れてしまいましたが、巻き戻しをする時に巻き戻しクランクを少し持ち上げてけから巻かないと実際にフィルムが巻き戻せません。これ、この個体固有の症状では無くて、ニコノスⅤがそういう仕様です。

クランクを少し持ち上げることをせずにクルクル回して巻き上げた気になっていたり、あまりの抵抗の無さに最初からフィルムが送られていなかったのかと思って、背蓋を開けるとフィルムを感光させることになりますので、お気を付けください。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。