アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« キヤノネット約1秒 | メイン | 梅雨はニコノス!? »

2020年6月14日 (日)

Huji Cam

Huji2

スマホで何でも出来ちゃう時代です。

スマホの高性能なカメラ機能は、カメラメーカー製のコンパクトカメラ市場に大打撃を与えました。

そして、私が最近知ったスマホ用のカメラアプリに「Huji Cam」という、写ルンですで撮ったような写真が撮れるとか、フィルム写真のような効果が得られるとか、言われているものがあります。

このアプリは数年前からあったようですが、半月ほど前に知りました。

まだ、自分のスマホにダウンロードして使ったわけではないのですが、ネットでいくつか情報を得たところによると、このアプリを使って撮った画像は、たしかに最近の若い子がフィルム写真に求めているというか、フィルム写真はそういうものと捉えているであろう、仕上がりになっています。

具体的にどんな仕上がりなのかというと、期限切れのフィルムで撮ったような色調だったり、光線被りのようなものがあったり、中心部の描写に対して周辺部は少し流れるような効果があったり、日付を焼きこむことが出来たり…と、こんな感じです。

ネット検索すると、レビューがいくつかの個人サイトにされているので、上の画像よりも作例としてもっと分かりやすいものありました。

これ、今年の初めに女性誌「mina」の取材後に多数来店されたフィルム初心者の若い子たちから聞いた、彼女たちが捉えているフィルムカメラ・写真のイメージとほぼ一致しているように思いました。

もしかすると、このアプリの存在がせっかくフィルムカメラ・写真に関心を持ち始めた若い子たちの心を、またスマホに奪い返されてしまうかもしれません…。あぁ~こわいこわい。

Huji

 

 *アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。