アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 中藤毅彦写真展「届かない悲鳴」 | メイン | 明日は「がらくた市」 »

2014年1月23日 (木)

斜に構えてる・・・

Dscf3636_1280x960

これ、なんてことのない「SIGMA」のキャップで片付けてはいけませんよ。

普通、両サイドのツマミ部分に対して、ブランド名は水平に記されているもの。これは、SIGMAに限ったことではなくて、まずどこのブランドでも。

ところが画像のキャップは、両サイドのツマミを結ぶラインに対して、45°くらい斜めちゃってます。

ズレただけだろう?と思って、よーく見ましたが、キャップ自体がズレるような作りはされていないので、誤って斜め位置に記されてしまった欠陥品かと。。。

世には出ちゃいけなかったモノだと思います。

そして、これも斜めっちゃってるんです(下の画像)。SIGMAブランド名入りのニコンFマウント用ボディキャップ。

ボディマウントの指標に合わせてから、反時計回りに回転させてシッカリ装着しようとすると、無性に固くて回しきれなくて、こんな斜めの位置で止まってしまいます。MFボディでもAFボディでも同じ。

Dscf3644_1280x960

ボディキャップの方は製造工程上のバラつきの範疇のような気もしますが、こんな偶然もあるんですね。斜に構えちゃってるキャップが時を同じくして出て来るって。

 

*アローカメラ&我楽多屋のfacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。