アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 弁慶濠のマンホール | メイン | argus C2-ELECTRO »

2016年7月 7日 (木)

ZUNOW vs YASHICA

Dscf1295_1280x960

「ズノー」というと中古カメラ市場において、超レアもの的な存在感を発しているカメラ・レンズのひとつです。このブログでも、そのレンズの「5cm/F1.1」については一度話題にしたことが有りました。

さて、ズノー光学工業(旧帝国光学工業)は、もともとレンズ製造によった会社だったようですね。他社のカメラ、オートテラやミネシックス、ミランダ等にレンズを提供していたようだし、今日の画像のシネカメラ用レンズも比較的よく見かけます。

ペンタ部に「Zunow」と記された希少な一眼レフ「ズノーペンタフレックス」も製造は、系列会社のものだったようです。

残念ながら、ズノー光学は戦前15年・戦後15年の計約30年程で幕を閉じるのですが、それはレンズ供給先メーカーの不振の影響も受けてのようです。そして、ヤシカに買収されます。

今日の画像のレンズ2本はどうみても同じレンズ。でも、片方の刻印は「ZUNOW cine」で、もう片方は「CINE YASHIKOR」。買収前と後を跨いで製造が続けられたレンズってことでしょうね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。