アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

昨日は天気良く

IMG_1959

私は店の日よけの掃除をしていました。

冬の間は太陽の通り道、角度の関係で、日よけを使用する必要がないのですが、これからの季節、午後になると、日よけに活躍してもらわないと、店先に並べた品物に直射日光があたるは、店内の冷房が効かないはで、困ったことになるのです。

クルクルと巻き上げて収納していても、冬の間に結構と汚れてしまうものなのです。

私自身は全然気にしていなかったのですが、何人かのお客さんに、「保護色なの?」とか、「何かアピールしている?」とか指摘されました。

掃除をしている私の服と、日よけの色が同じ色だったからで。まぁ、それだけのことなのですが、自分でもその奇妙な光景を確認したくて、掃除している様を撮影してもらいました。ちなみに、下の画像は店内から見た掃除している様。

IMG_1961
 

第23回 得?or 特?

IMG_1962

今回の得?or 特?企画は、GW(ゴールデンウィーク)スペシャル。一眼レフそのまま直ちに撮影セット2点!

「ニコマートFTN 43-86mmAi改付き 4,800円」画像手前右

メーターが動いて、レンズはAi改なので、ツメの要らないボディにも使えます。使用感は結構ありますが、何しろ堅牢なニコンのカメラですから、多少のことではヘコタレないと思います。


「ペンタックスME 50mm/F1.7付き 5,800円」画像手前左

レンズは王道の標準単焦点、入門用にはそれこそ最適かとお勧めです。見た目もキレイで、小型ボディは女の子にも扱いやすいサイズです。

 

いずれもストラップ・フィルム付きなので、すぐに写すことが出来ます。そして、DPEも細かく気にしないのであれば、ローソン100などで気軽に750円くらいで同プリがまだ可能らしいですよ。

 

その他、ミノルタのMCやMDのワイドレンズや、ちょっと不具合(メーター不良)のあるボディなどをGWスペシャルプライスにて用意しております。毎度のように、我楽多屋ご来店早い者勝ちです!

2010年4月29日 (木)

恐ろしいくらいの偶然・・・

IMG_1957

カメラとは全然違う話ですが、聞いてビックリしたことを。。。

無理やり関連付ければ、今年1月に私の自転車が盗まれた話が発端ではあるのですが~。それでも、カメラとは関係ないか、、、

中学校の同級生から聞いた話です。数年前に自転車(マウンテンバイク)を盗まれたそうです。ある朝、同級生のお父様が、自宅兼店舗の前にその自転車を鍵をかけずに出してしまった為、あっという間に盗まれてしまったのです。

警察に盗難届を出すも、すぐには発見されず。それから程なくして、そのお父様が病に倒れて近くの病院に入院。そして、自宅から10キロ近く離れた病院に転院し、数ヶ月間の闘病の後に亡くなられました。

自転車が盗まれてから、約一年後、警察から「自転車が見つかった」との連絡が入り、その発見場所を聞いてビックリ!!お父様が亡くなられた病院の駐輪場で発見されたのだそうです。

なんなのでしょう、、、この偶然は、、、

見つかった自転車は、多少、パーツが交換されていたらしいので、単なる乗り捨てではなくて乗られていたものなのでしょう。その同級生は「お父さんが見つけてくれたのかもしれないし…」と、今後も大事に乗り続けていく決心だそうです。

ところで、私の自転車は見つかっていません。。。そういえば、盗難届って控えはもらえないのですね。今、思うとなんか不安な気分。手元に残っているのは、盗難届を出す時に必要になった、購入時の防犯登録の控えのみ(上の画像がそれ)。

2010年4月28日 (水)

第22回 特?or 得?

IMG_1956

お気付きでしょうか?いや・・・ムリだよな。。。今までは「得?or 特?」でしたが、今回はわざと「得」と「特」を入れ替えてみました。安いという「得」より、珍しい・変わったという意味合いの「特」が強そうなので。

まずその形、ずいぶんと不思議な形をしているのは、携帯時にカメラ台の部分を収納する為だと思うのですが、
脚より上部分がちょっとアンバランスに大き過ぎる感じ。

そして、その色、形とも相まって、カエルっぽくないですか!?きっと他にもカラーバリエーションがあっただろうと思うのですが、この緑はカエルみたいに見えて仕方ありません。。。

ところで、前回のコニカAF3のグリーンに続いて、今回も珍しい緑続き。次回も無理矢理に緑系を探してみましょうか。

さて、このカエルのようなPENTAXのミニ三脚。いつも通り、我楽多屋ご来店早い者勝ちで、1,000円です!

2010年4月27日 (火)

偶然の一致か・・・

IMG_1943

先日買わせていただいた品物の中にあったレンズ2本。ともに、キヤノンNFDレンズで特に変わったモノでも、珍しいモノでもないのですが、製造番号が「1574979」と「157497」。桁数自体が一桁違うのですが、頭から6番目まで、数字がまったく同じ!!

記念モデルなどで、ボディとレンズの製造番号が揃っている~という例はありますが、こんなパターンは珍しいのではないでしょうか?

左が35-70mm/F3.5-4.5、右が100-300mm/F5.6。ちなみに、同じお客さんが持ち込まれた数ある品物の中で、同世代のキヤノンボディは、T50。

例えば、ダブルズームセットで、製造番号が揃っていた・・・?とか、理由を推測してみましたが、そのような例は聞いたことないし、NFDレンズの時代に、ダブルズームセット自体があったかどうかも・・・不明。

とすると、偶然の出来事なのでしょうか!?

我々の場合、買取りをすると製造番号のチェックをするので気付いたのですが、もしかしたら、手放した方(前所有者)は気付いていないかもしれませんよね。こんな偶然の出来事を!

ところで、皆さんは、ご自身所有のカメラやレンズの製造番号って、一度くらいはチェックされているのでしょうか?それがライカだったり、製造番号で前期・後期などを気にする中古の場合は別だと思いますが、、、

ちなみに、私の場合、コンデジ、デジイチ、ニコンU2などなど、自分で持っているカメラの製造番号は、ペトリカラー35を除いて(←これに関してはちょっと訳ありなので)、意識して確認した記憶はございませんが。

2010年4月26日 (月)

ヒントはキャビン製

IMG_1941

この薄緑色の物体、何か分かりますか?

「CABIN」というロゴが入っているので、カメラ・写真に詳しい方なら、おおかたの察しがつくのではないでしょうか?

実はこれ、がらくた市のお昼頃、飯田鉄先生がこれを抱えて来られて「これ置いていきます。そこにクルマを停めてきてしまったので、そのまま失礼します」と言われて、そそくさと置いて行かれたものです。

うちの店にもずいぶん前から同じものが一つあるので、私はすぐに分かったのですが、皆さんどうでしょう、分かりましたか?

答えは下の画像で。

IMG_1942

商品名「キャビン スクリーンボックス」。正面にある小さな取っ手を手前に引くと、中に鏡があり、そこに向けてスライドプロジェクターをセットすると、ボックス上面のスクリーンで画像を見られるというもの。このボックスの関心する点は、使わない時に、ボックス内部にプロジェクターを格納出来ること。

そして、お馴染み!?二代目の細かいことチェック!!「ワイドに見られる」と案内に書いてあるのですが、テレビのワイド画面・・・などのイメージから、画像が横長に見られても~あんまし意味ないのでは~?と思いました。(*アナログ放送をワイド画面で見る場合、テレビの設定次第で、横長にならないように調整できるようですが、、、)

気になったので、「wide」の意味を調べてみたら、「幅が広いこと。大型であること。また、そのさま。」とありました。恥ずかしながら己の見識の狭さを感じました。「幅広」という意味だけでなく、「大型」という意味もあるのでした。

なので、キャビンスクリーンボックスの宣伝文句としては、大きく拡大して見られるという解釈でOKなのでした。

そして、この飯田鉄先生の匂い付きのスクリーンボックス欲しい方、我楽多屋に並べてあります。飯田先生ファンの方、どうですか!?

2010年4月25日 (日)

ビヨヨ~ン

IMG_1938

ドイツ製フォクトレンダーのレンズ用ケースです。革製で、以前、ニコンのモノで紹介したのと同じ感じで大変よく出来ています。検索していたら、某店舗でケースだけで3,000円くらいで売られていました。。。

入れるレンズは、画像のようにデッケルマウントなので、ビテッサTやベッサマチック用のレンズ。写っているのは、EOS5Dに付いているのも、ケースに入っているのも、ともにスコパレックス35mm/F3.4。

このケースの特徴は、見た目や造りが良いだけでなくて、とても面白い工夫がされているところ。レンズを置く底面の下にバネが入っていて、蓋を開けると、レンズを取り出しやすいように、ビヨヨ~ンと少しせり上がってきます。

カメラ用レンズケース、数あれど、こんな気の利いた!?ケースは他には無いかと思います。ちなみに、下の画像で底面がせり上がって来ているのが分かりますでしょうか?ケースの高さに比べて、あげ底っぽく見えますよね?その下にあるバネをお見せできないのが残念。

IMG_1939

実はこのネタ、お客さんにネタふりしていただいたものです。デッケル→キヤノンEOSのマウントアダプターを介して、デジイチでレンズ遊びをされているお客さんです。持参のバッグの中には、ローライ→キヤノンEOSのアダプタが付けられたローライSL用レンズも用意されていました。

また、マイクロフォーサーズでのレンズ遊びもされているこのお客さん、オールドレンズ市場の活性化に大変ご助力いただいているわけです。

【追記】このお客様ご自身のブログでもビヨヨ~ンケースが話題になってます。仕掛けのバネの画像や、スコパレックスの作例も載っています→http://ameblo.jp/ikaiyoudou/entry-10519303530.html

昨日のがらくた市

IMG_1940

昨日は天候に恵まれ、長徳先生のトークショーがお休みにも関わらず、普段並みの沢山のご来店ありがとうございました。皆さん上手く分散して足を運んでいただけたようで、店内が混乱することもなく誠にありがとうございました。

しかし~、がらくた市に変なジンクスが出来てしまったかもしれません。こちらが、目玉品!と思った品物が売れ残ってしまうのです・・・。

先月も超美品のオリンパス35SPや35DCなどが、がらくた市当日に売れ残り、、、でも、ちゃんと翌日・翌々日でお買上げいただきましたが~。

今回もお買得と思われる、ニコンF、ニコンF2フォトミックA、FMなどが残ってます。関心のある方は、我楽多屋にお急ぎください。

2010年4月24日 (土)

名人ファンからのお便り

IMG_1937

数年前にカメラの買取りをさせていただいた兵庫県のM佐藤さん。買取名人と意気投合!?し、以後、季節のお便りなどをいただきます。

最近NHKで放送されたとある番組の中、ゲストの欽ちゃんこと萩本欽一さんに触れたコーナーで、欽ちゃんのお父様が造られたカメラ「ダン35」が紹介されました。番組内で使われた「ダン35」、実はうちの店から貸し出したものだったのです。

名人が「ダン35」に思い入れの深いことをご存知だったM佐藤さんから、番組をきっかけに再びご連絡をいただきました。その時、名人から今年2月発売した「カメラ四谷快談」をM佐藤さん宛てに送らせていただいたのですが、そのお礼にいただいた手紙が上の画像です。

名刺まで作っていただくなんて、買取名人をいいファンを持ったものです!

そして、文面からカメラ・写真愛好家としてのとても印象的なメッセージを感じましたので、取り上げさせていただきました。

2010年4月23日 (金)

明日のがらくた市は

IMG_1935

IMG_1934

明日24日土曜日は、月に一度の「がらくた市」です。

恒例の田中長徳先生トークショーは、先日お知らせしました奥様のリサイタルがあるため、今月はお休みです。招待チケット残り僅かですがまだありますので、行ってみよう!という方はご来店ください。

トークショーの代わりと言ってはなんですが、、、目玉!?を用意しています。ニコンF2フォトミックA(黒)と、ニコンFM(黒)が各1台、どちらも実用品ですが、結構安くしたつもりです。状態・価格はアローカメラの買取りと同様、現物を見てからのお楽しみということで。

それと、珍品なのに我楽多屋に長居しているコンパクトカメラ「オリンパスLT-1のワインレッド」を大幅値下げします。同機種のネタがここにあるの参考までにどうそ。

*追記:さらにニコンFアイレベル、フジクラッセなんかも、がらくた市用に補充できました!

また、書籍類を少し安くしようかと思っています。上の画像で右の方に写っている、元の値段がお高めな資料系の本あたりをこの機会に狙ってみてはどうでしょう。

そして、前回好評だった50円キャップを補充しました。ざるに入れて、店の中に入ってすぐ右下あたりに置いておきます。

最後に、カメラ屋なのに何で?というお土産企画。数に限りがあるので先着になりますが、カメラとは全く関係ないものを差し上げます。要らなければ断っていただいても結構。お土産のヒントは、「ビールのお供に、お子様のおやつに」って感じ。

では、お楽しみに!

*がらくた市として、全品1割引きになるのは午後2時からですが、お店自体は通常通り午前10時から開いております。