アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ケースがボディを呼んだNikkormat | メイン | 85 4 12 »

2020年10月11日 (日)

DITTO99

★まずはじめに、明日12日(月)、我楽多屋は出張買取業務のために開店時間は13時頃を予定しています。なお、アローカメラの買取り業務は通常通り10時開店です。

★7月より当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただいておりますので、13日(火)・14日(水)は連休です。よろしくお願い申し上げます。

120938791_4489074051134895_68080126

ドイツ製のDITTO99というカメラ。ちょうど1年前、我楽多屋のウインドウに並んでいたカメラです。

当時、物々交換に来られたお客さんが交換品として選ばれたのがこのカメラでした。今回、1年ぶりに我楽多屋へ現況報告に戻って来てくれました(^^)

1年前、巻上げにちょっと難はあったけども頑張れば何とか使える状態ではありましたが、お客さん曰く「フィルム2~3本撮った頃に、巻上げのゼンマイがパチンと音を立てて逝っちゃった」とのこと。

でも、どうしてもまた使いたくて、部品取り用のカメラ探しから始めたらしいのですが、滅多にお目にかかることの出来ない珍しいカメラなので、今まで利用したことがなかったネットオークションも手段に加えたそうです。

願いは叶うもの、探せば見つかるもの。ネットオークションでジャンクのDITTO99を2台見つけて、「三個一」で動作品にしたそうです。

我楽多屋にあった時(下の画像)は軍艦部の前面にネームの刻印がありましたが、現状(上の画像)は軍艦部の上面にネームの刻印があります(画像では分かりずらくてスミマセン)。これは、軍幹部は後から入手されたものを使った結果です。

71886292_3088760964529415_891639123

さらに、探せば見つかるもの。新宿のカメラ店のジャンク箱にDITTOの革ケースを見つけて入手。持ち帰って開けてみたら、頭でっかちのケースの中には専用のフラッシュガンが入っていたのだそうです。バルブを発光させての撮影も実行済みだとか。一番上の画像は、そのフラッシュガンを付けた状態なんです。

お客さんが改めて言われていましたが、もともとは実店舗で現物を見て買うことしかしていなかったのに、このカメラをどうしても使いたいがために、初めてネットオークションにも手を出した~と。そういう方なので、自分にとって不要になったものでも変な手放し方はしたくないということで、我楽多屋の物々交換をたびたびご利用くださっていたのです。

今回、DITTO99の近況報告と一緒にご持参いただいた物々交換品は、ネットオークションでDITTO99と抱き合わせで売られていたためにお客さんの手元にやって来てしまった、コダック35系2台とマーキュリー2台。

120909710_4489073994468234_91356161

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。