アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ニコン「F」「F2」「F3」用 | メイン | 本貫禄ライカセット »

2020年4月 6日 (月)

V3の醍醐味

92615398_3660305067345135_102959020

一般的に、レンズシャッターの高速側限界が1/500秒と言われる中、「ミノルタV3」搭載のシチズンシャッター「OPTIPER-HS」は最高速が1/3000秒まであります。

しかし、そこには制限があるのです。

V3のレンズは開放値が「1.8」なのですが、1/3000秒を切る時の絞りは「8」から最小絞りの「22」まで、同じく1/2000秒を切る時は「4」から「22」まで、と。

いや...物理的には1/3000秒切った時も、絞り羽根は「4」より上も開くんですけど、シャッター羽根の方が開き切らないので実質的に使えない~ということなんです。

その実質的に有効な範囲を、レンズ鏡胴にあるシャッタースピードリングと絞りリングに色分けで記された指標で確認することが出来るのです。

92568437_3660305014011807_870942081

赤文字で記された「3000(1/3000秒)」の時、F値は赤いラインが記された「8」~「22」の間で有効。青文字で記された「2000(1/2000秒)」の時は、青いラインが記された「4」~「22」の間で有効。というわけです。

実は9年程前にも同様の話題を取り上げているのですが、今回は醍醐味部分であるレンズ鏡胴にある指標のアップ画像を載せたくて再び話題にしてみました(^-^)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。