アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 乗ったままターンテーブル | メイン | 我楽多屋30周年 »

2019年10月17日 (木)

Cyber-shotのケースが

72734214_3119484914760489_462579311

【お詫び】当初、「ブラックバードフライ」と「学研フレックス」をすっかり勘違いしてブログをアップしてしまいました。以下、書き換えることはせず、訂正線を入れて修正しております。お許しくださいませ。

 

SONY Cyber-shotと記されたケースを見て、これが本来は何用のケースなのか分からないんですけど「オッ!」と思いました。

それは「学研フレックス」→「ブラックバードフライ」に合いそう!と感じたからです。

学研フレックスとは、ちょうど10年前に発行された学研「大人の科学マガジン」の付録だった組み立て式の2眼レフカメラのことです。

ブラックバードフライとは、11年程前に発売されたトイカメラの一種です。それでも、当時新品価格で1万円ちょっとはしていたかと記憶しています。

35ミリフィルムを使って気軽に2眼レフが楽しめるってことで、当時ちょっと話題になりました。今年になって、復刻版が発行されたと聞きましたが、まだ現物は見たことありません。

早速、試してみました。画像のようにピッタリサイズでした。

73504859_3119484994760481_265906186

が、今のところ、このカメラをこのケースに入れて持ち出そうという気持ちには、まだなっていませんけど(^^;

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。