アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 伸縮式レンズフード | メイン | 3×4.5判 »

2014年11月22日 (土)

レンズ付フィルム展

Img_1828_1280x960

「レンズ付フィルム」というよりも「使い捨てカメラ」といった方が、一般の人には通じやすかったりするのですが、最初に製品化した富士フイルムさんは、はじめから「レンズ付フィルム」と呼んでいました。

実際、フィルムを取り出した後のボディはリサイクルもされており、厳密に言っても「使い捨て」ではないのです。

それでも、富士フイルムさん以外のメーカーでは「使い切りカメラ」などと呼んだりしていました。

さて~前置きが長くなりましたが、今年8月に、レンズ付フィルムが「未来技術遺産」に選ばれた~というニュースが流れました。

それを記念して、日本カメラ博物館で特別展「未来技術遺産登録記念 レンズ付フィルム展」が先月末から開催されています。

思うに~これは貴重な展示だと思うのです。レンズ付フィルムは「撮影」という本来の任務を全うすると現像所に送られてしまい、一般の人の手元には残っていないからです。

そう、現行品でなくても市場性のある高級カメラや人気カメラは、中古カメラ店で見ることが出来ますが、カメラ店などで売っているレンズ付フィルムは、まず現行品だけですし、それもパッケージに入ってて中身は見ることが出来ませんからね。

で、この特別展。通常は入場料300円のところ、レンズ付きフィルムを持参していれば100円割引で200円になるそうです。

家のどこかに現像出ししていないレンズ付フィルムがある人は、是非とも持参されてはいかがでしょう。

いや~無いよ~という人。今、我楽多屋には有効期限がとっくに切れてますけど、100円で何個か売っています。これを買って行けば、100円引きになりますよ(笑)。

  • 「未来技術遺産登録記念 レンズ付フィルム展」
  • 2014年10月28日(火)~2015年1月25日(日) *12月27日(土)~1月5日(月)は休館
  • 毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日の火曜休館
  • 開館時間10:00~17:00
  • 日本カメラ博物館 (東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル地下1 階)
  • http://www.jcii-cameramuseum.jp/

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。