アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« レンズ付フィルム展 | メイン | ニコンメーターⅡ型 »

2014年11月23日 (日)

3×4.5判

Img_1836_1280x960

イタリアのbencini(ベンチーニ)社製のKOROLL(コロール)Ⅱというカメラです。

フィルム室に120フィルムのスプールが入っているのを確認してから、そのまま流していたのですが、数日後に改めてフィルム室を見て、撮影面がフィルムの天地幅に対して、ずいぶんボディ下側に偏っていることに気付きました。

それにフォーマットも変な感じ。。。

Img_1835_1280x960

で、調べてみたら、「3×4.5」という変なフォーマットなのです。このカメラ。

要は120フィルムで24枚撮れるのです。

120フィルムは6×6で12枚撮れるから、その半分の3×6にすれば24枚撮れるわけなのだけども、3×6だとずいぶんと細長なフォーマットになってしまうのを嫌ったからなのか、フィルム幅を1.5㎝も無駄にしてまで、3×4.5なんて他では聞いたことないフォーマットにしてしまったようなのです。

だとしても何でフィルム幅の中心に位置してないんだろ?気持ち悪い。。。

ここまでする、こだわりの意味を非常に知りたい!!!

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。