アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

2018年1月10日 (水)

恐怖の大王

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

*********************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、銀座数寄屋橋です。

厳密には先週の水曜日ではなくて、7日の朝です。この日の朝は不思議な雲がいくつか出ていて、数寄屋橋交差点付近からビルの合間に見えた雲は、まるで「空から恐怖の大王が降りてきた」みたいな雰囲気でした。

なので~iPhoneで撮った画像はもっと雰囲気を出すために白黒にしてみました。

26219910_1823219157720411_126507521

が、これを見てSNSに「君の名は。!?」とコメントもらったので、それならこんな色彩の方が!?ってことで再びいじったのが、これです(笑)。

26168892_1823238081051852_176322128

2018年1月 9日 (火)

ゾロ目出た!

26196163_1825164617525865_407490636

お正月恒例の「ちんちろりんキャッシュバックサービス」は、昨日8日でサービス期間を終えました。

これを楽しみにわざわざご来店される方もいらっしゃいますし、ややもすると、サイコロを振る権利を得るために無理矢理3,000円分の品物を発掘される方もいらっしゃって、主催側としては嬉しい限りです。

そして、最終日の昨日にやっとゾロ目を出された方がいらっしゃって、お買い上げ金額の20%をキャッシュバックさせていただきました。

ルールを簡単に説明しますと、3,000円以上お買上げいただくとサイコロを振るチャンスが訪れます。

3つのサイコロを一緒にどんぶりに振って、ゾロ目が出たら20%キャッシュバックです。10%キャッシュバックの目は下の画像のような感じで、確率で言うと7.87037%で出る目になります。

26195645_1825164604192533_202886929

ちなみにゾロ目が出る確率は2.77777%。

(幼いころから算数・数学が苦手です、特に確率の計算とか苦手です。上記の確率が間違っていましたらご容赦ください)

サイコロを振るチャンスは2回ありますが、1回目に10%キャッシュバックの目を出しても、2回目に失敗したら1回目の10%キャッシュバックの権利も失います。ただ、ゾロ目を目指さずに2回目は振らずに10%キャッシュバックの権利でやめてしまう選択もありです。

 

昨日、ゾロ目を出されたお客さんは「4,800円」のお買上げでした。1回目に10%キャッシュバックの目を出されましたが、「こういう運試しは縁起物ですから!」と躊躇わずに2回目に挑戦!そして、見事にゾロ目を出されたのです!凄い!!

4,800円の20%ですから、960円もキャッシュバック!!おめでとうございます!

お客さんは「今年の運を使い果たしちゃったかも。。。」言われてましたが、そんなことありません。これを契機にドンドン良いこと起こりますよ!!

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

2018年1月 8日 (月)

現場監督ズームブーム、来るか!?

6a0120a63eae74970b015434158048970c

このブログでも6年半ほど前に一度話題にしたことがある、「現場監督ズーム」

ただでさえゴツいボディの現場監督のレンズをズーム化して、さらにゴツいボディになっています。

また、28ミリ単焦点付きの現場監督は、一部マニアに広角で描写も良いと評判になったこともありますが、「現場監督ズーム」は文字通りズーム。その描写への期待感は薄くなり気味でした。

実際、市場に出回っている個体数も少なさそうで、見掛けるころも稀です。

が一昨年、田中長徳先生が現場監督ズームを使用されて、「使い良い!」と言われていましたし。今、神田お茶の水のギャラリー・バウハウスで開催されている田中長徳写真展「WIEN CT70」では、2016年に現場監督ズームとライカでウィーンの街を撮影した作品が展示されており、その中の1枚にはセルフポートレート的に撮影者の長徳先生が写り込んでいて、構えている(撮っている)カメラが現場監督ズームであるのが分かるものも展示されています。

 

そんなタイミングにあって、常連Mさんからの情報で「現場監督ズーム展」なるものが学芸大付近のショップ&ギャラリーで行なわれていることを知りました。

26229910_1823708191004841_585840570

昨日我楽多屋でその話題をしたので、早速帰り道に足を運ばれた常連Kさんから、「撮影者は仙台のうら若き女性。ズームになみなみならぬこだわりあり。トイカメラ調、カキンとしたビビッド調、周辺光量落ちとなかなか面白い写真展だった」と報告がありました!

私自身は会場のショップ&ギャラリー「monogram」さんも、出展者さんも直接に存じ上げていないのですが、勝手にリンクを貼らせていただきます、すみません。→http://monogram.co.jp/

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

 

 

我楽多屋で買ったモノマガジン更新

田中長徳先生の連載コラム「我楽多屋で買ったモノ・マガジン」を更新しました。

第220回目を迎える今回のテーマは、「超高級カメラDS-100」です。

こちらよりお楽しみください→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/monomagazine1.html

 

*閲覧は2018年4月初旬まで。

2018年1月 7日 (日)

出戻りキャップ

Dscf3610_1280x960

先日のこと。他店で中古キャップの詰め合わせを買った方から、「中にこんなキャップが入ってましたよ!」と見せられたのが、キヤノンNFDレンズのリアキャップ。

キャップの内側に見覚えがある~というか、今でも我楽多屋で使っている値札シールが貼られていました。

「NFD 35-70/ ¥4,500」と書かれています。

このレンズ、今はもっと買い易い値段になっているので、4,500円というのはもう何年も前の値札と推測できます。手書きの文字も私 二代目の筆跡ではなくて、アルバイトさんが書いたものと思うので、最短でも4年半前。

うちの店ではキャップの内側に値札を貼ることはないので、買われた方が購入価格の覚えとして内側に貼り直したんでしょうね。特価品の文字のうえには「アローカメラ」とも書かれています。

約5年以上前にうちの店で買われて行ったレンズが、どんな経緯で他店のキャップ詰め合わせ袋の中に入れられるようになったのかを想像するのも楽しいものです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

2018年1月 6日 (土)

二代目の値付けが~

Dscf3609_1280x960

少し前に物々交換で品物を置いていかれた常連さんが、改めて値を付けて我楽多屋に並べられたその品物を見て、「さすが!二代目の目利きも買取名人の域に達して来ましたかねぇ(笑)。もともと私が他の店で買ったときの値段とほぼ同じ金額を付けてますよ」と言われました。

かなり珍品系の品物の値付けについてだし、これは褒めてくださっているのですよね!? 素直に喜んでいる、私ですが(^^)

ふつう中古品を売り買いしていると、お客さん側から見れば「俺から○○円で買ったモノを××円の値段を付けて売ってる!ずいぶん儲けやがんだなぁ~」的な見方をされることも起り得るわけです。

お店側からすれば、整備点検代や在庫のリスク、当然儲けも必要ですから、それなりの上乗せをしないといけません。また、店によって儲け幅などが違うのも事実です。さらに言えば、在庫リスクというのは相場の下落を含めた問題もありますから、品物によっても儲けの幅は違ってきます。

幸いうちの店の場合、アローカメラは買取り専門ですから、買取った品物は業販がメインです。買取ったものをウインドウに並べて売るようなことは基本ありません。

アローカメラで業販しにくいものが並ぶ我楽多屋は、ふつう個々に値付けの出来ないようなものを安価で販売する店ですから、前述の買取価格と店頭価格のギャップで云々というようなことは滅多にないのです。

今回の物々交換では、前の所有者である常連さんが改めて付けられた値を気にするような出来事が起きたわけですが、決して不機嫌な思いさせたわけではなくて感心していただけたようなので、中古カメラ屋としては何よりなのです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

2018年1月 5日 (金)

新年初日の営業は~

26229962_1796009710471220_732619209

昨日4日より、アローカメラ&我楽多屋ともに2018年の営業を開始しました。

4日が仕事始めって人は初日で諸々お忙しいでしょうし、5日から仕事って人は正月休み最終日ってことでノンビリされたいでしょうし、昨日は少し静かめな一日でした。

それに、6日7日8日といきなり三連休って人も多いようですから、我楽多屋でサイコロ振って運試し~って人もそこらを狙って来られるのかもしれませんね。*ちんちろりんキャッシュバックサービスは8日(成人の日)まで行なっております。

また、いつまでやるかはこちらの気分って感じですが、振る舞い酒も用意しております。

 

Dscf3606_1280x960

正月休みに、家にあったM型ライカのようなデザインをしたコンパクトデジカメ用のケースを何気によく見たら、本物のM型ライカの多くに赤丸のLeicaマークがあるの場所に、ニコニコマークがあるのに気付きました。

で、新年早々のお遊びは、これ。M6に黄色のニコニコマークを付けてみました。赤丸と同じくらい目立ちますが、これ見た被写体になる人がニコッとしてくれれば幸いです。

Dscf3607_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

2018年1月 4日 (木)

穴開きリアキャップ

Dscf3602_960x1280

一眼レフ用レンズって、ボディから外すと絞りが最小絞りの状態になってしまい、絞りリングを回しても絞りが開けないものがあります。また、絞りリングそのものが無いので開かせようがないものもあります。これら~個別に実例を言うと、前者がキヤノンのNFDレンズ、後者がミノルタαレンズ。

何が困るって、我々業者的には買取り依頼があってレンズの状態を見るときに、レンズの中をちゃんと見ることが出来ないこと。

キヤノンのNFDレンズについては、接写リングを付けて絞りを開く方法や、穴を開けたリアキャップを付けて絞りを開かせてキャップの穴から覗くという方法が、一般の方にもわりと知られていると思います。

カメラ屋さんの多くは、穴を開けたリアキャップを持っていますし、うちの店にもあります。中には、ボールペンのペン先と指を使って、巧みにNFDレンズの絞りを開くテクニックを持っている業者さんも知ってますが、私には出来ません。

ミノルタαレンズの場合、私はマウント面の隙間に爪をいれてレバーを動かして絞りを開ける方法でずっとやって来ました。稀に上手くいかないときは、ペン先をちょっと利用すれば簡単に絞りを開けるので、カメラ人生20余年そのどちらかでずっと対応していました。

ところが今回、穴を開けられたαレンズのリアキャプを始めて見たのです。

これを持って来た常連Yさんは、他のカメラ屋さん何軒かで見たことあるし、爪じゃ引っかからないでしょ!?と言うのです。「もしかして、一本だけツメ伸ばしているの?」とも聞かれてしまいました。

まず、1本だけツメを伸ばすようなことはしていません。便利だから~と言って伸ばしている人が居ますが、私はそれしてません...。

たしかに、αレンズだって穴を開けたキャップがあれば簡単なことなんですけど、わたし的にはそこまでしなくても、ツメかペン先で簡単に出来ると思っていたから、穴の開いたαレンズリアキャップを見た時にピンッと来なかったくらいです。

これはまぁ~微妙なコツや、穴開きキャップを準備するかしないかだけの差ですが、他にネタ的な話を一つ聞けましたよ。

Dscf3603_1280x960

この白いタイプのαレンズ用リアキャップはズームセットの時などに付属されているタイプです。このタイプのキャップはOKなんですが、一般的な黒いキャップの場合はレンズに装着しても絞りを全開に出来ないそうで、穴を開けたところで微妙に未開放な状態でしか確認できないそうです。

 

★新年は4日(木)から、通常営業いたします。

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html

2018年1月 3日 (水)

犬張り子って...

毎週水曜日恒例、二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」、今年も続けます!今回は銀座4丁目。

銀座和光ビル1階ウインドウ内のディスプレイが、12月25日夜中に、クリスマスから今年の干支に変わりました。「戌(いぬ)」年なので、犬張り子が2体。

しかし、昔から不思議でならないのは、この犬張り子って、どうみても「猫(ねこ)」ですよねぇ。

犬も好きですけど、猫派なので、ちょっと不満です(笑)。

26166166_1809211392454521_841513710

 

★新年は4日(木)から、通常営業いたします。

2018年1月 2日 (火)

ちんちろりんサービス

Dscf3605_960x1280

お正月恒例の「ちんちろりんサービス」、今年もやります!!

実施期間は、1月4日(木)~1月8日(月)まで。*新年の営業は4日からです。

期間中、我楽多屋にて3,000円以上のお買上げをしていただくと、サイコロを振るチャンス!!

出た目によって、最大20%のキャッシュバックサービス! ハズレても次回ご来店以降に使える割引券を差し上げます。

 

うちの店では、記憶にある限りで「新春セール」とかやったことないのですが、ちんちろりんサービスはもう10年以上続いてます。

中古屋、それもジャンク系の販売ということで、新春に合わせて魅力的な品物を必ずしも揃えられない~という事情がありますので、ありもので出来るサービスってことで、こんな感じでやっています。

このゲーム感覚が楽しくて、毎年楽しみにご来店される方もいらっしゃいます。新年の運試しってことでご来店お買上げのうえ、チャレンジしてみてください。

 

★新年は4日(木)から、通常営業いたします。

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html