アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

2017年9月10日 (日)

象嵌(ぞうがん)

Dscf8589

戦前のブラックボディのライカ、その軍幹部上面に記されたネームには、象嵌(ぞうがん)加工されたものがあると言われています。

以降のブラックボディやその他メーカーの場合、打刻した文字の溝に白い塗料を入れるのが普通なのですが、象嵌とは、その溝に銀を埋め込んでいるのだそうです。

この作業には技術が必要で手のかかる工芸技法のひとつと言われる程。埋め込むというよりも、結果は文字が僅かに盛る上がるくらいの体裁になります。

ただ、現存する個体の多くは、その盛り上がりが擦り切れてしまっていたり、周辺の塗装と一緒にもわついちゃったりしているのがほとんど。

今回のアローカメラの買取りで入って来た個体は比較的にキレイな状態で残っていました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 9日 (土)

シグマちっくな

Dscf8503_1280x960

少し前、シグマの不思議なダミーボディの話題提供をいただいた時に、一緒に見せてもらった希少品、シグマの本物の一眼レフ「Mark-Ⅰ」。

このカメラのボディに貼られた貼り革に注目です。

Dscf8499_1280x960

ボディの貼り革というと、ほぼどんな一眼レフにも貼られているボディ本体部分。あと、ニコンなんかでは多く見られるペンタカバー部分。そして、このカメラではもう一ヶ所、巻き上げレバーの軸の所にも丸く貼られていました。

この貼り革がシボ加工された一般的なタイプのものではなくて、どこかで見た事のあるゴム調のものでした。

確認しようとしつつも忘れていて、やっと昨日、手に取って見てみました。かつての、とある時期のシグマレンズの鏡胴に貼られた滑り止め用のゴムを。

Dscf8588_960x1280

これですよね~カメラに貼られていたのとよく似てる!

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 8日 (金)

買取り屋の至近で死蔵とは

Dscf8586_1280x960

うちの店のすぐ近くのビルのオーナーさんが、「ずっと家に置きっ放しだったカメラを引き取って欲しい」と言って持って来られました。

木造建築からビルに建て替えられたのが、もう30年くらい前のことだろうか...。でも、カメラの型や状態からして、建て替えるもっともっと前からその家に置きっ放しだったと思われる風。

そのカメラは画像の「キヤノンⅣS+セレナ―50/1.8」。

シャッターは引っかかるし、レンズの曇りもかなり激しい。

残念なら買取価格はジャンク値段になってしまいましたが、お金になるとは思っていらっしゃらなかったようで喜んでいただけました。

うちの店から何十メートルも離れていない所で、このカメラ・レンズが死蔵されていたのかと思うと、仕方ないけどちょっと勿体ないような気もしてしまいました。

酷使された個体ではないようで、簡単に掃除をしたら外観は画像のようにキレイになって、ホッとして1枚。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 7日 (木)

物々交換よりも

21270835_1670845522957776_189479818

もともと我楽多屋のお客さん。いろんなカメラを使って楽しんでいらっしゃるようです。

でも、カメラを溜め込むことはあまりされないようで、我楽多屋の物々交換も度々ご利用いただいてます。

他のお店で買われたカメラやレンズの他、我楽多屋でお買い上げいただいたカメラやレンズが里帰りすることもチョイチョイあります。

この1~2年は他で買われたイイ品物をご持参されることもあって、これはシッカリ値付けが出来るのでアローカメラの買取りで名人に見てもらった方が良いでしょう!なんて感じになることも。

先日はご来店後、ふつうに我楽多屋で品探しをされていたので、今日は物々交換では無いんだと思っていました。

見つけた二コマートFTNブラック他をレジに持って来られてから、「物々交換で~」とカバンから取り出されたのが、画像のニコンS2+50/1.4付き。

「これは~キレイだし、ちゃんと値付け出来るので、ます買取りの方がいいですね。名人いるので~」と買取りコーナーへ先に行っていただきました。

しばらくして買取りコーナーから戻って来られたお客さんに、名人が付けた買取り金額を伺うと我楽多屋で買っていただこうとしていた金額を余裕でまかなうことが出来る金額。

「他にも買おうかなぁ~」と品探しをされましたが、適当なモノが見つから無かったようで...、でもニコニコとお帰りになられました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 6日 (水)

みぼうじんカレー

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

**********************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、ニュー新橋ビル。

今年に入ってから、ニュー新橋ビルにある床屋さんへ30~40日おきに髪を切りに行っています。

で、同じビル内にある妙にそそられる店名の「みぼうじんカレー」をチェックしてきました。当日は後ろの予定があって、カレーを食べる時間は無かったのですが。。。

21106424_1663262833716045_641326258

 

 

我楽多屋で買ったモノマガジン更新

田中長徳先生の連載コラム「我楽多屋で買ったモノ・マガジン」を更新しました。

第216回目のテーマは「阿房列車 百鬼園先生好みの鞄」です。

こちら(http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/monomagazine3.html)より、お楽しみください。

 

※閲覧は2017年12月初旬までです。

2017年9月 5日 (火)

こどもちゃれんじ

Dscf8573_1280x960

変な形のカメラです。厳ついデザインですが、プラスティック製のトイカメラ調。

しばらく、我楽多屋のレジ横で整理もせずに埋もれていたのですが、目ざとく見つけたお客さんが「自転車のビアンキみたいな色ですね!」と言われたので、いよいよ引っ張り上げてみました。

「Benesse」と記されていること、レンズ前に回転式のフィルターがあって、「きほん」「ぶんしん」「キラキラ」「かんさつ」と記されていることから、「こどもちゃれんじ」ってシリーズの一つであることが分かりました。

Dscf8584_1280x960

そして、なんと!というか、本体を本気でチェックし始めたら直に気づいたことではありますが、これはガワだけで、中に写ルンですが入るようになっていました。現行品の写ルンですでも入るだろうか…。

 

Dscf8578_1280x960

「ぶんしん」は、フィルターでいうミラージュってやつ。万華鏡のように!?中心部分の像がまわりにも5つ映し出されます。

Dscf8579_1280x960

「キラキラ」は、クロスフィルター。強い光源から8本線の光条効果が得られます。

Dscf8580_1280x960

「かんさつ」はクローズアップレンズ。この時だけ内蔵ストロボの発光部前に拡散板状のものが出て来るようにもなってます。また、ボディから伸びる黄色のバーにはスケールがあるので、バーを前側に出してそこに被写体を合わせると、撮影距離と被写体のサイズが把握出来るようにもなっています。

Dscf8581_1280x960

Dscf8583_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 4日 (月)

クリーム&シルバー

Dscf8572


多分50~60年前のフラッシュガンと露出計なんですけども、クリーム系とシルバー系のツートンカラーがとてもいい感じなので、並べて撮ってみました、

今の時代には無い色使いですよね~。

手持ちのカメラを悪戯して、こんなカラー仕立てにしてみようか?なんて考えてみたけど、簡単には難しそう。。。

で、思い出したカメラは「ADVOCATE(アドボケイト)」。

6a0120a63eae74970b0128760cd983970c

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 3日 (日)

富士山マークの布

Dscf8568_1280x960

ニコンF用のウエストレベルファインダーは微妙な改良が行われて、全4種あると言われています。上の画像のは最初期のタイプです。

見分け方は、開いた部分の正面にいわゆる富士山マークがあります。そして、後部の黒い四角い部分に「Nikon F」の文字があるのが最初期タイプ。ここに、「Nikon F」の文字が無いのが2番目に古いタイプ。

Dscf8570_1280x960

そして、下の画像が3番目のタイプ。富士山マークは無くなり、正面の下部に「F」マークが入ります。

Dscf8569_1280x960

4番目の最後のタイプは、最初期型と2番目のタイプで富士山マークのあった部分に「F」マークが移ります。そして、開いたときに後方にもフードが付いて(以前のは両サイドのみでした)、スクリーンの像が見やすくなります。

4種あるF用ウエストレベルファインダーの差異について簡単に説明してしまいましたが、今日話題にしたかったのは、最初期のウエストレベルファインダーに付属でついていたベルベット状の包み布。これに随分と高級感を感じたのです。

Dscf8571_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2017年9月 2日 (土)

Mine six

Dscf8563_1280x960

昨日のこと、開店時間10分ほど前に店にやって来たら、2階の買取りコーナーの前で既に待っている女性がいらっしゃいました。

既にシャッターが開いて電気が点いているのは、買取名人が一度店へ来てから近所へお茶を飲みに行ってる時間だから。

急いで対応すると、古いカメラを2台買取り依頼でご持参されていました。

カメラの機種的にも程度・状態的にも、残念ながら事務的な査定では値付けが難しい2台。

千葉から来られたというので、往復の交通費に届くか届かないかの金額と理由をお伝えしてご納得いただけました。わざわざ来られたのではなくて、他の用事のついでに~とのことだったので、ちょっとだけ安心しました。

どちらのカメラも、ご主人のお父様が使われていたカメラだそうで、「私も主人もよく分からなくて、ずっと置いたままでした。これは、マインシックスというですか?」と、聞かれました。

Dscf8564_1280x960

「いや、ミネシックスでいいんです」と答えました。

ご年配の女性なのに、「Mine」を「マイン」って読むなんて洒落てるなぁ~と思いました。

恥ずかしながら、つい最近、豆カメラの「Tone」を、「トーン」なのに「とね」読んでしまった私ですから...(^-^;

ミネシックスは高嶺光学製のカメラです。以前紹介したのには旭光学製のタクマーレンズが付いてましたが、今回のは日東光学のコミナーレンズが付いてます。型名は「ⅡF」と記されています。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。