アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2018年9月 | メイン

2018年10月

2018年10月13日 (土)

COZOフィルター

43751547_2261682663874056_525347945

レンズフィルターを整理していたら、枠に「COZO」と記されたものがありました。

「小僧!?」と思ったら可笑しくなってしまって、実体はどんなブランドなのかと思って検索しました。

そうしたら、「株式会社コゾフィルタース」という1965年に設立された会社で、事業内容には「光学機器フィルター製造販売、ガラス研磨、コーティング、フィルター組立」とあって、「COZO」は何らかのブランドネームってだけではなくて、ちゃんと製造販売しているメーカーさんでした。

さらに、納入実績には「株式会社ケンコー、株式会社トキナー、株式会社ケンコーオプティクス、株式会社ケンコー光学」とありました。

あの有名なケンコーのフィルターも製造してるってことですか!そうとは知らずに失礼いたしました。

で、このコゾフィルタースさん、もう10年近く前にこのブログでも案内したことのある、上原ゼンジさん考案の「宙玉」も製品化もされていました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月12日 (金)

ニッコールレンズ愛用者登録カード

381cec767e9146a09475766fc7d95827

先日、アローカメラへ買取り依頼の品物の中にあった、レンジファインダー機用のSマウント・ニッコール10.5cm/f4。元箱もあって、その中にこの「ニッコールレンズ愛用者登録カード」が入っていました。

カードの周囲に孔が沢山開いた、なんかとても懐かしい感じのするカードです。どこかで見たことあるような、ないような...。

この愛用者登録カードに必要事項を書き入れて日本光学さんに郵送すると、引換えに保証書が返送されて来るのだそうです。

日本光学さんでは、このカードを保証の原簿とするそうです。

調べてみたら、この孔が沢山開いたカードは「ハンドソート・パンチカード・システム」などと呼ばれていたそうです

さらに調べてみると、「特定の孔の部分を切符に改札鋏を入れるように切り取ることで、情報を記録し孔に棒を通して引き上げると、そこが切られたカードだけが振り落とされることで事務用や調査データの処理用に以前は盛んに用いられたものである」とありました。

この「ニッコールレンズ愛用者登録カード」の孔が記録出来るものは、買上店住所・登録番号・特約店・出荷年月・買上年月・ニッコールレンズNo.・購入者住所・年令・職業のようです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月11日 (木)

1秒=1分

43458464_2255749281134061_5816952_2

我楽多屋の物々交換依頼の品物を検品中のこと。

ペトリ35のボディ背面上部に「1秒=1分」と書かれた小さなシールが貼られていました。

43624199_2255749247800731_191007586

多分、シャッターがネバっていて、シャッターダイアルを1秒に合わせて切っても、閉じるまでに1分掛かる~ってことなんだろうなぁと解釈しました。

そうですよね!?ふつう。

人生の格言めいたものをここに書いて、シャッターを切るたびに戒めている~なんてことはないですよね(>_<)

ちなみに、試しに1秒で切ってみたら、シャッターと閉じるまでに2分10秒くらい掛かりましたけど。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月10日 (水)

墨田川大橋

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

**********************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、墨田川大橋。

小伝馬町のRoonee 247 fine artsで開催されていた、飯田鉄写真展「RECORDARE」を見に行った帰り、門前仲町まで~箱崎シティエア―ターミナルや水天宮など今まで歩いて通ったことがない興味深い場所を眺めながら散策しました。

ここも歩いて初めて渡る墨田川大橋。ちょうど空が少し色付いている頃にスカイツリーを臨んで来ました。

43104939_2246342972074692_432833581

 

 

我楽多屋で買ったモノマガジン更新

田中長徳先生の連載コラム「我楽多屋で買ったモノ・マガジン」を更新しました。

第228回目の今回のテーマは「秋向きのストラップ」です。

こちらより、お楽しみください→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/monomagazine3.html

 

※閲覧は2019年1月初旬までです。

2018年10月 9日 (火)

似合うTAMRON ZOOM

43305496_2254127327962923_732176062

三連休初日の夕方のこと。

毎月第一土曜日は、コシナ研究会の例会が荒木町内の喫茶店で開催されるので、例会前に我楽多屋へお立ち寄りくださる会員さんが多いです。

会長のSさんが、「最近、コンタックスFを買いました!」と見せてくださいました。その犯行の動機はスクリューマウントのコシナレンズを付けるためで、シッカリとコシナ製20㎜/f3.8が付いていました。

その後、S会長が店内を物色中にスクリューマウントの古いタムロン望遠ズームを見つけて手に取った瞬間、居合わせた会員さんも私も、そのレンズこそ~コンタックスFに似合うでしょう!と、2人揃って後押し。

少し迷われていらっしゃいましたが、S会長は次回のお楽しみ~と言われて例会に行かれました。が、例会終了後の再来店時に、またまた会員さんや私が試しに付けてみてはいかが?などと後押しをするものだから、結果、見事に!?お買上げの運びとなりました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月 8日 (月)

マンホール撮影用!?

43244064_2251759778199678_103916720

フォクトレンダーの「ビトーB」です。

そのシンプルなデザインや、完全にマニュアル操作な潔さ、小さいながらも中身の詰まった感ある質感などなど、このカメラが好き!という人がかなり多いカメラです。

でも残念ながら、最近はシャッターがネバる傾向にある個体が多いのも事実です。

今回、我楽多屋にやって来た個体もネバる傾向。低速だけならまだしも、中高速でもイマイチ...なのですが、カメラを下に向けている時は案外といい確率でネバらずに切れる感じがありました。

であれば、このカメラはマンホールマニア向け仕様ということでどうでしょう!?(>_<)

43239835_2251759784866344_408020387

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月 7日 (日)

KONICA MERMAID

43234163_2250371985005124_537150682

「一目会ったその日から~」、張りぼてっぽいカメラだなぁ~と思いました。

なので、一瞬はトイカメラかとも思いましたが、よく見れば「コニカ」製。イルカのイラストに、「MERMAID」という機種名、そして「WATERPROOF BIG MINI」の文字まで。

43234139_2250371988338457_242660125

これは失礼しました~トイカメラではないのね(^^;

ということで、検品を始めました。

まず、ウォータープルーフカメラっぽい抓んで回す大きめなノブで裏蓋を開けると、そこにはどこかで見たことのあるような、普通のコンパクトカメラっぽい背面が現れました。

これ、まさにビッグミニのどれかしらと同じですよね、多分。やはり、ベースのコンパクトカメラに張りぼてして水中仕様にしてるみたいですね。

43199486_2250371995005123_901961995

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月 6日 (土)

ヘリアー101

43108930_2248434328532223_254039051

2001年、フォクトレンダーのレンズ「ヘリアー」101周年を機にコシナから販売されたレンズです。

その凝ったデザインの鏡胴がイイ感じ。

当時、ビューファインダー無しで距離計だけ搭載した異色機ベッサTの限定モデルとセットで販売されたレンズなので、出回っているのは2000本ほどと言われています。

鏡胴に、凸-凹-凸3群5枚のヘリアーの構成図が彫り込んであります。

この構成図、2年前に「Vintage Line」と名付けられて、別デザインで再生産された同ヘリアーレンズにも記されていましたね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年10月 5日 (金)

OLD LENS LIFE 2018-2019

Img_0229_1280x960

今年もこの時期がやってまいりました!

オールドレンズの仕掛人 澤村徹さんがここ最近は年1で発行しているシリーズ「OLD LENS LIFE」の新刊です。

今号の特集はメインの「中望遠オールドレンズ」の他に、復刻オールドレンズの新旧比較や、名広角レンズ十番勝負などなど興味深い特集が盛り込まれています。

また、レンズフードでドレスアップという特集では、関研究所のセノックキャップフードが登場しています。この凝ったフードは以前にこのブログ(下の画像参照)にも載せたことがありました。

Dscf9513_1280x960

そうそう、今回のOLD LENS LIFEの編集中だったんでしょうね。澤村さんから「セノックのフードをニッコールに付けて掲載したいのだけども~」とご連絡をいただいたことがありました。

うちのブログとカブってしまうことを気にされて、わざわざご連絡くださったのでした。私が拒める理由など一つもないどころか、ほとんど思い付きで私がニッコールに付けたのと、澤村さんの美的感覚が一致したのだぁ~と嬉しいくらいでした。

 

1000

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。