アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« EOS600番代シリーズ | メイン | 我楽多屋と料理が似ている!? »

2016年6月26日 (日)

ワインダーM療法

Dscf1265_1280x960

もう3ヶ月前になりますか、、、「カメラに嫌われたカメラ屋」というタイトルで話題にした、私物のライカM6。もともとシャッター幕の後幕の調子が悪くて、スローシャッターを切った時に閉まりきらない症状が出ていました。

先日、物々交換でやって来た「ライカワインダーM」。電池ボックスの接点が腐食気味で、どうもその付近のプラ部品にも飛び火して、接点自体がグラついていました。それでも、何とか動けば、取り敢えず使えるモノとして値を付けられるから!と思って、接点を少し磨いてから電池を装填して、例のM6に付けてみました。

そしたら、パコッ!と少々大袈裟な音を立てながら動いてます。それもシャッター切った後に、いい感じで衝撃を伴いながらパコッ!といきます。

で、「これはもしや?」、後幕の閉まりが悪いのが改善されているのではないか?と思って確認したら、見事、低速シャッターを切っても強引に閉じ切ってくれていました。

さらに、ショック療法でワインダー外しても直っちゃってたりして!?と淡い期待を込めてみたのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした...。まぁ、その前に幕に開いた穴も直さないといけないんですけどね(>_<)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。