アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« キヤノンT90の | メイン | 「歩 行」 »

2012年9月26日 (水)

チェキ系

N082
4年ぶりに再び復活を望んでみる。

フジフイルムが11月に発売する、「チェキ」の新製品の発表会をしたそうです。

すぐにプリントになる、プリントとして残る~ということをウリにしていたそうで、どちらも、現状のデジカメ(単体)には出来ない芸当なわけであり、プリント(物)として残る点は写真の保存という意味からも意義あることかと。

さて今から13年前に、フジが「FinePix PR21 プリンカム」というカメラを出していたことをご存知ですか?(上の画像がそれです)

私は4年前にも、このブログで同じことを訴えているのだけど、是非ともこのカメラを復活させて欲しいのです。

このカメラ、デジカメなんですが、カメラ本体にチェキのフィルムを装填することが出来て、撮った画像をすぐにプリントアウト出来るのです。

必要なら同じカットを2枚でも3枚でもプリントアウト出来ちゃいます。これなら、チェキには出来ない複数プリントが可能なわけ。

1代限りで消滅してしまったプリンカム。その大きさはかなりなものでしたが、今の技術をもってすればもう少し小型化が可能なのでは?

N083
左から、「プリンカム」、「チェキ」、「iPhone4」

チェキはチェキ、デジカメはデジカメで必要でしょうが、プリンカムが求められる環境もあるような気がするのです。

そして、それが出来るのはフジフイルムさんだけですからね~!

*良かったら、こちらも参考に読んでみてください→
 http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2008/11/post-43ef.html(プリンター付カメラ)