アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 化け物みたいなチノン | メイン | お客さんが整理整頓してくれる »

2020年2月28日 (金)

現像出ししたら

88248300_3536761803032796_718594278

一昨日、某量販店さんに35mmのネガフィルムを現像出ししました。約2時間後の仕上がり予定でした。

ところが、そのお店を出て約30分後、私の携帯電話にそのお店から連絡がありました。「お預かりしたフィルムのベロ出しが当店で出来ないので、現像所送りで1週間程お時間いただきたいのですが...」と。

今回現像出ししたフィルムは撮影途中でカメラ内に数年放置してしまったものを、一昨日撮りきってカメラから出したものでした。長期間のカメラ内熟成でフィルムにクセが付いちゃったんでしょうね、多分。

電話をしながら一瞬、自分のフィルムピッカーを持参してベロ出しを試みようか!?という発想が頭をよぎりました。

でも、出せなきゃ恥だし面倒くさい客扱いされるだろうし、出せたところで自慢大会みたいになってしまうので、「急ぎませんのでお願いします」と返事しました。 

ところで、半月ほど前にフィルムピッカーを話題にしたこと(https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2020/02/post-f418.html)があったので、ちょっとタイムリー(^-^)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。