アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« オリジナルキャップ作成用? | メイン | デジタル一眼・ミラーレス一眼 »

2015年9月11日 (金)

スマホ6~7割

Original_1

一昨日、写真材料商組合の研修に出て来ました。今回の内容は、ほぼ写真屋さんのことでした。

そういう意味では、うちの店はカメラ屋。

いや、今となってはうちの店が特別なわけで、組合加盟店の多くが写真屋さんというのが実態のよう。カメラ販売などは量販店に喰われてしまってます。

先日話題にした、惜しまれつつ閉店された水戸のお店は、昔ながらの町のカメラ屋さん写真屋さん然とされていましたが。

でも、今、写真材料商(咬み砕くと...写真屋さんカメラ屋さん)の実態は恐れずに言えば、如何にプリント屋さんになれるかに懸かっているようです。出来るだけプリントをしてもらい~、フォトブックなど派生的なプリントもドンドン利用してもらい~が主たる営業目標になるのです。あと、品質面・耐久面から、やはり印画紙のプリント。

頑張っている写真屋さんの話しに、プリントに来られるお客さんの約6~7割がスマホからのプリントで、デジタルカメラ(メモリーカード)からのプリントは残り3~4割とありました。

これは驚きでした!

この計算にフィルムからの割合は入ってません。語るべき割合さえないということでしょう...。もうそういう時代なんですね(涙)。    

今回の研修を通して感じたのは、私もこのブログなどで以前から何度か言ってますが、プリントすることの大切は、何も写真屋さんの営業的な目標のためではなくて、皆さんご自身の大切な思い出を絶やさないためにも、やはり非常に重要なことであるということ。

その大切な思い出を残すための道具としてのカメラが、スマホでもいいですけど、デジタルカメラでもいいですけど、そこに撮る楽しみも付加できるフィルムカメラもいいですよねぇ!ということをカメラ屋として発信して、今日は締めたいと思います。

あっ...忘れてましたが、上のマークは「お日さまマーク」といって、全日本写真材料商組合連合会のマークです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。