アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 東京都写真美術館 | メイン | 新「ぐにゃり」なのか? »

2014年8月28日 (木)

チェーン

Dscf5620_1280x960

私 二代目は日頃片道10キロ少々の道のりを自転車通勤しております。危険回避のために雨の日は乗らないようにしていますが、それでも自転車は日々汚れていくもの。

フレームやホイールなどの掃除はマメにしているつもりですが、チェーンやギアの注油はしても、そこらの掃除となると、一度手を付けたら数時間かかってしまう上に油作業になるので、ついつい…。年に数回ほど。

でも、チェーンとギアの掃除と注油をすると、見事にペダリングがご機嫌になります。

その感触を表現するのに、「軽い」とはまた違う~、「滑らか」なのは確かなんですが、、、「柔らかい」そんな感触もプラスされたペダリングになります。

うちの店では、カメラを分解したり~オーバーホールしたり~ということはしていないので偉そうなことは言えませんが、カメラも同じなんでしょうね。

手をかけると、巻上げやシャッター切る感触が向上する。そして、それを実感出来るのが金属製機械式のフィルムカメラなんだと思います。

ちなみに、なんでこんな話題をしたのかというと、私の手元に置いてあるトリガー式巻上げ機キヤノンⅤTの底面を開けると、こんな仕組みになっている~という画像を見つけたからです。

Rep_8829_2

画像は後継機のⅥTですが、自転車のチェーンのようなもので駆動しているのですね。

画像を見つけたサイトは、カメラ修理のヨコタカメラさん(http://yokota-camera.com/)のブログです。

 
*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。