アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 明日のがらくた市 | メイン | 秘蔵品の正体は! »

2009年5月23日 (土)

demekin

20095demekin

トイカメラで遊んでみました。「demekin」という110フィルムを使うカメラです。スペシャルサイトはこちら→http://www.superheadz.com/demekin/index.html

このカメラ、普通のカメラのようにフィルム室にフィルムを装填するというスタイルではなくて、フィルムにカメラを被せる感じです!いや、フィルムに8.9mm/F13.5というレンズを付けてるだけのような感じです。

引き上げ式のスポーツファインダーらしきものが付いていますが、どう見たっていい加減で、実際に写る画角とは無縁な感じです。

そういうわけなので、どんな風に写るのかを想像するのが難しくて試写してみたのでした。分かりにくいかもしれませんが、上の画像のような感じです。シャープさはなく、ハレーションが起きていたり、さすがトイな感じですが、フィッシュアイ風ゆえの歪みが楽しいカットがいくつかありました。

思わぬものが撮れていた!というワクワク感がとても楽しいカメラだと思いました。この感覚は広く言えば、フィルムカメラ全体にも言えることで、どんなものでも簡単に綺麗に撮れてしまい、結果もすぐ分かってしまう、デジタルにはない楽しみですね。