アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« おかげ様でブログ丸10年 | メイン | ロシアン金・銀・銅 »

2018年3月30日 (金)

ロシアレンズにむせぶ店

Dscf3831_960x1280

「ロシアカメラがむせぶ夜は~チョートクの赤色カメラ中毒者の作り方」という本は、今から18年ほど前の1999年12月に発売された田中長徳先生が執筆された本ですが、今、我楽多屋は「ロシアレンズにむせぶ店」になっています。

ライカL39スクリューマウントのみで、一気にこれだけ揃いました。

Dscf3828_1280x960

ロシアレンズは個体によるアタリハズレがある…などと昔から言われていますが、そうそうハズレが多いわけでもないし、ハズレの描写も味があっていいとも言います。

それに、ドイツのライカ純正レンズと比べたら、コストパフォーマンスがかなり優れていますからね。

画像の右側に写っている黒と金のボディには「Leica」、装着されてる同色レンズには「Elmar」って記されていますけど、ボディともどもロシアものです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。