アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ニコンF80のファインダーって | メイン | FILM CAMERA E-02 »

2017年7月29日 (土)

SEARSの大ケース

今まで何度か立派な革ケースに驚いたことがありました。

10297679_1017037185035147_310672103

例えば、ニコンのレンジファインダー機Sシリーズに50mm/F1.1の大口径レンズを付けて収納できる、これ。前カバーの大きさと本体部分の頑丈さが驚きのレベル。

 

12279023_962929867112546_7968254823

また、これはニコンF用にも同等のがあった、二コマート用のハードタイプ革ケース。全体的にその造りの良さがにじみ出ている感じで驚きのレベル。

 

12006245_926921260713407_7358361676

何故か、またまたニコンなんですが、これはFM系にモードラを付けたまま収納可能なケース。あぁ、これは厳密には本革ではなさそう。その形状が驚きのレベル。

 

6a0120a63eae74970b0120a63eb9ae970b8

ニコン以外ではこんなのもありました。入門機レベルのフジペット35に用意された、ライカM3用純正品並みに立派な革ケース。

 

Dscf3371_1280x960

機能的にも優れたコリブリの革ケースなどなど。

 

いよいよ今回の革ケース。

Dscf8488_1280x960

中に収納すべきカメラが特定出来ていないのだけど、「SEARS」と書かれた革ケース。その前カバーの大きさが驚きのレベルです。何を覆うためにこんなに大きいのかも分かりません。

「SEARS」はアメリカの流通業者で、幾つかのカメラメーカーからOEM供給を受けて自社ブランドのカメラを販売したりしています。その中に日本のリコーであろうOEM機があって、以前紹介したT-L-Sという機種にはボディの右胸部分にシャッタースピードダイアルがあるので、それを覆うには十分なスペースが確保できる前カバーなんですけどね。ちなみに、このドデカイ革ケースにはMADE IN JAPANの型押しがされています。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。