アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 1年の時を経て | メイン | きびだんご »

2010年2月22日 (月)

かさ

P1030075

撮影歩きに雨は天敵ともいえます。悪天候だからこそ、可能な撮影もあるでしょうが。。。機材にとっては、百害あって一利なしと言い切れましょう。

雨具といえば、まずは傘。その傘も撮影には向いてない・・・。そう、傘を持つと手が1本ふさがってしまうので、撮影に向かないのです。

そこで、こういう商品も発売されています。「エツミ レインブラケット」、傘にカメラを固定してしまうのです。

E-199-L


それでも、今日は傘ねたです。先日、知人がこれと同じ傘を持っているのを見て、私も即買いしてしまいました。骨が24本あって、グラスファイバー製だとかで、強い風による骨折れに強いそうです。

骨が24本(一般的には8本ものが多い)もあるので、開けば外目には形が円に近く、内側からはなんとも機械チックというか、、、人と違う傘を地味に主張できるようなところが、購入のキッカケです。値段がお安いのも。。。1,000円切ってました!!また、裏面がUVカットのシルバーコーティングされているので、レフ板として使えるかもしれません。

で、思ったのですが、傘のカスタマイズって、遊びもありなんじゃないかな~と。どうなんだろう、そういう分野もあるのだろうか。。。握り手の部分や、先の部分、いじれるところは少ないですが、色や形を変えることで、個性を主張することが可能かと思うのですが。

そうなると、コンビニなどの傘立てに大事な傘を置く~なんて不用心なことが出来なくなり、皆が傘ケースを携行する~なんてことになって、結果として、マナーが良くなったりするのではないでしょうか!?

【追記】早速、この傘をレフ板としても使いたい!というお声をいただいたので、私が購入したネットショップを紹介しておきます。こちらです→http://item.rakuten.co.jp/smile88/a04756/#a04756