アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Nikon Anniversary90th | メイン | コインパーキング »

2009年1月25日 (日)

ネックストラップの前・後ろ

2009125a

2009125b

ネックストラップの前と後ろと言われてもピンと来ないかも・・・。ストラップにはブランド名などが横書きで書かれていることが多いですよね。あの文字がどちらに向くようにカメラに取り付けるのか?今まで、時々考えることはあっても、深く考えることなくいました。

分かりずらいですかね?例えば、肩にかけたときに、自分から見て読める向きに付けるか、隣にいる相手側から読める向きにするか。その向きについての話です。上の画像がそのイメージ。右肩にカメラを提げて自分の目線から撮影してみました。

「そんなのこちら向きで当たり前だよ!」と言われる方もいるだろうし、「そんなこと考えたこともない」「どちらだっていいじゃない」いろんな意見があるかと思います。

しかし、先日この向きについて、ほぼ結論と言える向きが判明しました。「ネックストラップ」というくらいだから、首に提げるのが基本と考えれば、首から提げた時に自然な向きに付けるのが正しいのでしょう。

それが下の画像。この時に画像の向きと逆だと、ちょっと格好悪いですよね。

2009125