アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« コンタックスAria | メイン | 間もなくスタート!! »

2020年3月31日 (火)

ВИЛИЯ-ABTO

1960年前後に発売されたリコー「オート35」と「オート35V」という近未来的なデザインをしたカメラがありました。

そのデザインが斬新過ぎたのか!?日本市場ではあまり売り上げは良くなかったようですが、アメリカではデザインが評価されていたそうです。

そして、5年後くらいにロシアでは、リコー「オート35」と「オート35V」をコピーしたモデルがそれぞれ登場します。キエフ10とキエフ11です。

本家リコーの距離計無しモデルのオート35Vと、ロシアの距離計内蔵モデルのキエフ10を並べて話題にしたことが10年くらい前にありました。→https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2009/09/post-155b.html

91795687_3641533852555590_364870750

さて、今日の画像でリコーオート35Vと並んでいるのは、ロシアカメラで「ВИЛИЯ-ABTO」と記されていますが何て読むのか分かりません…。

どうもキエフ11あたりの血筋を引いていそうなモデルなのです。でも、底面にあった巻き上げレバーが背面に移動し、同じく底面にあった巻き戻しクランクが上面に移動してしまい、普通のカメラっぽいデザインになってしまいっているものの、シャッターレバーがレンズ横にあったり、全体のデザインというかバランスは同じなんですよね。

外装が金属からプラスティックになってしまっているし、似てるとは言っても「成れの果て...」という感じがしなくもありません。

「成れの果て」という言葉は、これがお客さんカメラであることも含めて、ちょっと言い過ぎたかもしれません。失礼しました(>_<)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。