アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ハーフ・ブーム | メイン | ライカのバッグ »

2015年5月23日 (土)

露出合わせ~

露出計が内蔵されていない完全マニュアル露出の古いカメラには、露出表などがボディに貼られているものがあります。

二眼レフなどは背面が大きいこともあるのか、こんな感じのが貼られていたりします。

Dscf3667_1280x960

 

今、店にあるカメラには、他にいいサンプルになるものが少なく申し訳ないのですが、このオリンパスワイドSの裏蓋には、ライトバリュー換算表が取り付けられています。

Dscf3666_1280x960

このカメラ、露出計は内蔵していませんけど、ライトバリューに対応しているので、裏蓋に貼られたライトバリュー換算表で読み取ったライトバリュー値に合わせれば適正露出が得られるというもの。

この換算表、以前に紹介した「セノガイド」や「関式サロン露出計」によく似ていますよね。

Dscf3663_1280x960

でも、これはあれらほど読み取りが複雑じゃなさそうなので、ちょっと読み取ってみようと努力してみました。

まずは、装填したフィルムの感度に指標を合わせます。

そして、被写体がどのようなものか、上方に描かれた8つのイラストから選択します。海/山/運動会/平地の景色/町中/日向の人物/日影の人物/外光が届いてる室内の8つの中から。*私の言い回しなので正しい表現かどうか不安…。

さらに、天候も4つの中から選択します。快晴/晴れ/薄曇り/曇り・雨の4つの中から。

円盤を回して、選択した2つの項目を合わせれば良いのです。その時、最初に感度を合わせた指標の先にある数字(6~18)が、適正なライトバリュー値です。

上の画像では、感度「100」、「町中」、「快晴」という条件として合せています。その結果、ライドバリュー「14」が示されています。

ただ、付加情報があります。円盤の円周部黒地のところに書かれている文字。3月4月9月10月の午前9時から午後3時までは「±0」と書いてあるからいいのだけど、5月~8月は「+1」とあるので、先程得られたライトバリュー値にプラス1。11月~2月は「-1」とあるので、先程得られたライトバリュー値にマイナス1することになります。

レンズ鏡胴部にある小窓から、先程得られた数値が見えるように合わせれば、適正露出が得られます。

Dscf3665_1280x960

画像では、シャッタースピード1/250、絞り8になっています。

 

そういえば、、、最近はあまり見掛けませんけど、フィルムのパッケージにこういう表が記されているのが普通でしたよね。

Fufi

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。