アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Hasselnuts | メイン | しきゅう? »

2014年11月30日 (日)

大切な思い出は

Img_1863_1280x960

デジタルカメラ登場前、「写真を撮る~」って行為は、フィルムカメラのコンパクト化や簡単化が進んでからも、今のデジタル時代に比べるとやはり、撮るという行為自体がずいぶんと奥ゆかしいものだった気がします。

限られた撮影枚数からくる緊張感、結果がすぐに分からない不安感、また、それ自体が刹那的でもあったような気もします。

それゆえに、現像・プリント後に得られる写真の重さも違ったものだったと思うのです。

簡単に一般的に身近に言えば、1枚の写真の思い出としての価値が大きかったような気がするってことです。

だから、フィルムパッケージにこんなことが書かれていたりするんでしょうね。

ちょっと偏った見方かもしれませんけど、現在のメモリーカードには大切な思い出を残す~的な見方はあまり出来ない気もします。

実際に、メモリーカードの宣伝文句にそういう語彙って使われているのかなぁ?

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。