アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 「×」印 | メイン | 極小というので。 »

2012年9月22日 (土)

呼べるかどうか…コシナ編

N068
今ここにある「COSINA CSL」というカメラ。かなり珍品だと思うのですが、このカメラには、さらに珍品と言えるすんごいアクセサリーが存在しているのです。

が、ここにはありません。

で、このブログの名物ともいえる「呼び」を期待して、それを呼べるかどうか?というわけで、今日はこういうタイトルで始めてみました。

このカメラ、レンズマウントはM42スクリュー。絞り込み測光式露出計を内蔵しているものの、シャッタースピードも絞りも自分で決めないといけないマニュアルカメラです。

そんな「CSL」を絞り優先機に変えてしまうという外付けAEユニットがあるというのです。

その外付けアクセサリー、ボディのアクセサリーシューを利用してペンタ部とシャッタースピードダイアルを覆うように装着。そして、ボディにある接点(シンクロ接点のそば)にコードを繋ぎます。

すると、どういう手段だかで、設定したレンズの絞り値を読み、露出計が判断したシャッタースピードになるように、シャッタースピードダイアルをモーターでガチャガチャと回すというのです!!

ニコンF2やキヤノンF-1にも、それらカメラをシャッタースピード優先機にする、似た発想のアクセサリーが存在していましたけど、あちらは絞りを動かす機能。これはシャッタースピードダイアルを回してしまうツワモノアクセサリーです。

ただ、その動作はモタモタとしているらしく、あまり実用的ではなかったようです。その分!?人間が指で回すには、軽くスムーズに回せるシャッタースピードダイアルのような気がします。

N065
少し前に不恰好な例として取り上げていた、このCSLのシャッタースピードダイアル。実は、そのアクセサリーが回しやすいように出来ていたためかもしれませんね(苦笑)。