アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« クラカメ・バスケット | メイン | 夏のキャンペーン!! »

2010年7月30日 (金)

Photavit

P10034 
 P10035

P10058 

昨日のクラカメ・バスケットから、ある常連さんに救出された「Photavit」というカメラ(読みは「フォタビット」かな?)。バスケットの中で一番真ん中に陣取っていたカメラです。

かなりコンパクトなのに、シッカリと重量感のあるカメラで、実は私自身も気になっていました。

フィルムは135ミリを使いますが、コンパクトさを目指すには、パトローネの大きさも勿体ない~と考えたのか、小さめな専用マガジンにフィルムを詰めて使用します。画面サイズは24mm×24mmの真四角フォーマット。ドイツ製で、今回の個体はシャッターにコンパー、レンズにシュナイダーが付いています。他にもプロンターシャッターが付いているモノや、レンズは他にも数種類あるようです。

常連さんが施したカスタマイズの一つはフード。レンズ先端の径が24ミリと小径なため、なかなか適当なモノがなかったそうで、24ミリ径ネジ込みの浅いラバーフードのラバーを外し、アルコ35?用の適当な大きさのフードを被せています。

それと、グリップ。我楽多屋で1000円以下で売っているようなL型ブラケットの底面を、ボディに合わせて折り曲げて(万力を使って力任せに)、木片を削って貼り付けただけ、とのこと。そのわりには、立派で純正品みたいです。小さなカメラなので、これで首から提げても邪魔になる大きさでもなく、
オシャレな感じです。

こうなると、写りは二の次にして、アクセサリーとしても十分価値あるカメラですね。

最後に気付いてしまいましたが、このカメラのサイズが分かるように、タバコとかマッチ箱と一種に撮影しておけば良かった・・・。