我楽多屋で買った    モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 新書体!?の製造番号 | メイン | カメラが思い出を・・・ »

2010年1月26日 (火)

露出計は3つないと

IMG_1704

先日、2階へアローカメラの買取りに来られたお客さんが商談終了後に、1階我楽多屋に降りてこられました。少々ご年配の写真仲間お2人という雰囲気で、店内をご覧になりながら、「これはすごい品揃えだな~」とか、「見ていると楽しいね」など、いいご評価をしていただき、「新品で買うと高いフィルターがこの値段なら、買っておこう」とお買上げまでしていただきました。

そして、そのお2人の会話の中でとても印象的だったのが「露出計は3つ持っていないと、どれが正確なのか判断できない」と。

おーっ!中古露出計使いの極意!よく分かっていらっしゃる!!

何だかんだ言っても、露出計を露出を計る道具と考えた場合は、正確に動いていないと意味がないもの。また、そこそこ動いていても、変なクセがある露出計も存在したりします。

なので、2台の露出計で計ってみたところで、2つが違う数値を示したりしたら、どっちが正しいのか判断できないもの。なら、3台で計ってみれば、どれが正しいのか判断しやすい・・・というわけ。まぁ、3台がそれぞれ全然違う数値を示したら困ったものですが、、、そこは確立の問題で、3台あれば大丈夫。。。ということでしょう。

最近は単体露出計を使う人も減ってきているようです。一番の原因はカメラがオート化していることだと思いますが、
中には、クラシック系機械式カメラの撮影に、デジカメを同行させて、デジカメが表示する露出を頼りに~なんて人も多いようです。