アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« FUJIPET vs マイペット | メイン | 何用の背蓋か? »

2018年12月29日 (土)

ついにスーパーネッテル

年末年始は、年内は30日まで、年始は4日から通常営業です

49251655_2417192031656451_200842124

2ヶ月前に「半年独学」というタイトルで話題にさせてもらった~お客さんの進化度が凄くて驚いています。

つい最近ご来店いただいた時に、「このカメラが入るようなケース無いですか?」と聞かれました。

カメラの底ケースって、機種が違うとなかなか上手く合わないもの。でも、ストラップの金具が片方壊れてしまっているので何とかされたいようでした。

さすがに専用のケースが運良くあるわけもなく、適当な底ケースを探しましたがありません。さらには、底ケースのネジ位置を変えてしまうことまで考えて適当なのを探してみましたが、残念ながらありませんでした。

でも「ちょっと待てよ!」。そのカメラ、どこで見つけて来たんですか?というくらい珍品系のカメラじゃありませんか。

1934年に発売されたツァイスイコンのスーパーネッテルというカメラ。レンズはテッサ―付き。

ちゃんとフィルムを装填されてて、撮影の途中でした。

あまりの進化度に、改めてカメラを始めたきっかけを聞いてみたくなりました。8ヶ月前にうちの店に何気に立ち寄ったのがきっかけだそうです!てっきり、カメラを始めようと思いながらうちの店を目指して来られたのだと思い込んでいました。

なので、前回のブログ記事にも書きましたが、もう少し自分のやってみたいことを絞ってからの方がいいですよ~なんて言ってしまったのでした。

最後に驚くなかれ、このお客さん若い女性です。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。