アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 中島くんファン再び~ | メイン | 儲け損ねた(嘘) »

2018年2月25日 (日)

このちっぽけなリング

Dscf3746_1280x960

カメラメーカーの純正アクセサリー品といっても、実は製造しているところは同じだったりするのでしょう…別のカメラメーカーのアクセサリーなのに一部共用部品があったりなんてこと、今の時代では決して驚くとではないですけどね...。

今回気付いたのは、ニコンと京セラ・コンタックスのマグニファイヤーに付属されていたアダプターリングが、どう見ても同じだった件。

気付いたキッカケにはちょっと自慢が加わるんですけども、がらくたの整理中にこんなチッポケなリングだけが出て来て、「これはニコンのマグニファイヤーなどに使うアダプターリングだよなぁ」と、いとも簡単に見抜けたこと。

Dscf3745_1280x960

ただ、本来は「DK-7」と刻印されているのが見当たらないので、実際にカメラボディやアイピースに合わせてみたら、ニコンの2種類ある丸型のアイピース径でいう、小サイズから大サイズへ変換するアダプターリングで当たりだったのです。

引き続きがらくたを整理していたら、京セラコンタックスのマグニファイヤーが出て来ました。ところがそこに付いているアダプターリングが何の刻印も無くて、さっきのリングと形も色つやも全く同じなのです。

それで、今度はニコンのマグニファイヤーを店の中から探し出して、そこに付いていた「DK-7」とちゃんと刻印されているアダプターリングとコンタックスのそれを比較したら、形は全く同じなのだけど、色つやだけ違うのでした。。。

厳密に言えば、見抜けた自慢話では無くなっているのですが、塗装の仕上げが微妙に違うだけでどう見ても元は同じものです。

大したネタではありませんが、このどちらかのアダプターリングを探している人へ。見つからなかったら、ニコン⇔京セラコンタックスで代用が可能ですよ。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。