アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 第68回 得?or 特? | メイン | ゴリラポッド »

2011年9月30日 (金)

Lustre Flex

P129 
P130 
昭和30年前後の日本には、カメラブランドが無数といっても過言ではないくらい存在したと言われています。二眼レフの名称には、頭文字がA~Zまで全部ある~なんて話もあります。

さて、今日お見せする二眼レフは「見たことが無い」という人、多いと思います。

それ以上に私が注目したいのが、ボディ上部にあるその「ロゴネーム」のアルファベットが読み取れないってこと。ちょっと崩し過ぎでしょ!!実際には「Lustre Flex」と書いて「ラスターフレックス」と読むらしいです。

過去の資料から、ラスターフレックスにはS型・A型・C型というのが存在したことは分かったのですが、これがどれに当たるのか特定は出来ませんでした。。。S型っぽいのですが、資料によるとS型は自社製シャッター搭載のはずなのに、この個体にはコパルMXシャッターが付いているので。

当時の広告を見ると、「見よい!買いよい!使いよい!」というキャッチフレーズが繰り返し使われています。「見よい」ってファインダーのことでしょうか?挙げ足を取るなら、写りは良くないのか???