アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 我楽多屋で買ったモノマガジン更新 | メイン | ケースがボディを呼んだNikkormat »

2020年10月 9日 (金)

6分の2

121028109_4479137935461840_68380540

トイカメラと言えども、意識してちゃんと動作チェックをしました。

特に問題が無くても、販売価格は数百円。

でも、最近はこの手のカメラをフィルムカメラ初心者のお客さんが買って行かれることも多々。

マニアさんなら、状態がイマイチであっても騙し騙し使ってくれたり、直しちゃったりしてくれますけど、いくらジャンク価格と言っても初心者にイマイチなものでガッカリさせたくありませんから。

この4眼カメラというのか、、、正式な名称は知りませんが、トイカメラとしては良く見かけます。いろんなバリエーションがあるようです。1カットの中におおよそ1/4秒間隔くらいで、4分割4コマ写しこむカメラです。

少し前のこと、箱に入った状態で6台が仲間の業者からお土産として流れて来ました。

箱から出してチェックしたら、6台中まともな状態なのは2台だけでした。ボディ上面にあるフレームファインダーが折れていたり、フィルムを巻き上げただけで勝手にシャッターが切れてしまったり、シャッター切ると4コマ中2コマか3コマ分しか動作しなかったり、巻戻しクランクがほとんど折れちゃっていたり…。

未使用でどっかの倉庫から出てきたものでしょうから、きっと最初からほぼこんな状態だったんでしょうね。ホントにトイレベル(涙)。

カメラメーカーが造ったものじゃないのだろうけども、いちおうカメラである以上、この品質はカメラ屋としてちょっと悲しいです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、および ブログ「カメラ買取名人学」(https://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

  

★7月から当分の間、我楽多屋のみ定休の水曜日に加えて、第2火曜日と第3火曜日も休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。