アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 文字の向き | メイン | 赤革ニコン »

2019年9月29日 (日)

カナダ・ノバスコシアの方角に黙祷

「家の整理をしていたら、しばらく使っていなかったフィルムカメラが出て来たので使ってみようと思って~」と、我楽多屋にフードを探しに来られたお客さんが昨日いらっしゃいました。

お会計時に「こんなものも出て来たんですよ」と言って、2005年で期限が切れている富士フイルム・アクロスの3本セットを見せてくださいました。

セットのパッケージには長徳先生の「モノクロのススメ」というミニ撮影ガイドが付いていました。

「おぉ!貴重ですね!」と言って手に取り見せてもらいながら、「間もなくご本人がお見えになりますよ!」とお客さんに言うと、まさにその時、ドアが開いて長徳先生がご来店。

71674479_3066471443395170_864012109

お客さんはトークショーがあることをご存知なかったようでビックリされていらっしゃいました。お声掛けして記念の一枚を。

その後のトークショーでは、今月お亡くなりになった「20世紀で最も影響力のある写真家」と呼ばれた写真家ロバート・フランクの話題がメイン。フランクが息を引き取ったというカナダ・ノバスコシア州方面へ皆で黙祷を捧げました。

71481191_10157518809467264_46010385

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。