アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 新宿京王時代 | メイン | 赤いキヤノンと黄色いニコン »

2013年1月22日 (火)

アクセサリーシューカバー

Z481

まずは、単語の勉強。「アクセサリー(accessory)」の意味には、

  1. 装飾品。衣服を引き立てるための装身具の類。ブローチやネックレスなど。
  2. 機械類の本体以外の付属品。または別売りの関連商品。

このように二つの意味があります。

2.の方の意味でいう小さなカメラアクセサリーのひとつに、アクセサリーシューに被せる「アクセサリシューカバー」というのがあります。

このアクセサリーシューカバー、新品時に付属されてるカメラの方が多いんじゃないかと思いますが、フジのデジカメX10には付いていません。

フジには別売り品でも用意されていなくて、わざわざニコンのアクセサリーシューカバー「BS-1」を買って来て付けていました。

まぁ、無くても良いモノだけど、このカメラにストロボを載せて使うことも99%無いだろうと思ったので付けていたのです。

ただ、最近、ビューファインダーを付けたりして遊んだ時に外して以来、どこに置いたのか失念してしまいました。一度付けると無いと気になるもの。

で、とりあえず、画像のシューカバーを付けているのですが、これは何用のか分かりますか???

3つある丸いポッチに意味があるのかは不明ですが、デザインだけの丸ポッチならずいぶんと大袈裟な気もする。

また、最近はかなり凝った、それこそアクセサリーのもう一つの意味である、「装飾品」チックなモノも登場しているようです。下の画像は、デジカメのカスタマイズ系やオールドレンズ遊び系で活躍中の澤村徹氏のフェイスブックで見つけた画像。オリジナルではなくて、売られているものだそうです。

Ts
*関連URL:http://metalmickey.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-ac8e.htmlhttp://shopjay.com/user_data/premiumfloral.php

 

ところで、冒頭の画像に付いているアクセサリーシューカバーは何用のか分かりましたか? 答えは~ロシアカメラなんかによく付いているモノです。