アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 月刊カメラマン | メイン | 今月の日本カメラ誌~ »

2013年9月23日 (月)

我楽多屋シール構想

その構想がスタートして、もう数ヶ月経つのに遅々として進まないので、有言実行にするために、もうここで言ってみようと思います。

我楽多屋で売るカメラのフィルム室に、「我楽多屋シール」なるものを貼ってしまおうかという構想です。

昔、カメラのフィルム室には買ったお店のシールが貼られていたり、フジのカメラにはフジフィルムのシールが貼られていたりしましたよね。

あれは、現像プリントもうちの店に持って来てくださいね~的な意味合いであり、フジのフィルムを使いましょうね~的な意味合いであったわけです。

KokuFujip

最近では、早田カメラさんで販売されたカメラに、神々しい「HAYATA」シールが貼られていて、このシールは安心して使えるというステータス的な意味合いでもあります。

Si 
「じゃあ、我楽多屋シールは何なの?」、「ジャンク品がほとんどなのに、何の意味があるの?」と言われてしまえば、まさにその通りで、意味はほとんどありません。。。

我楽多屋で買った~という印でしかありませんが、、、ネット通販やネットオークションを利用する人が増えた今、それでも、お店で対面で買いたい~って方もいらっしゃるわけで、どこでこんな経緯で買ったカメラだぁ~という思い出や思い入れの一つにでもなれば~っていう程度です、実際。

まだ、どんな体裁にするのか決めてませんが、フィルム室に貼るのだから、1㎝×3㎝くらいがいいところ。

現状は検討段階ですが、ここで公けにすることで、実行せざるを得ないようにするためにお知らせしてみました。乞うご期待!?