アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 雨の日サービス | メイン | ニコノス »

2009年1月31日 (土)

いち・に・さん・し・ご・ろく

2009131

ニコンF2、F3・・・と1桁シリーズの数字の読み方をどう発音するのか、先日あるお客さんに質問されました。例えば、F2は「エフ・に」と数字部分を日本語読みするのか、「エフ・ツー」と数字部分も英語読みするのか。

今まで深く考えたこと無かったのだけど聞かれてみて、「えっ!」というか、「ん?」というか、なんか非常に気になり出しました。

結論から言うと、多分、メーカーとしておおやけの場で使う時には、統一の発音(きっと英語読み)を決めていることでしょう。ただ、日常レベルというか、カメラ屋レベルというか、マニアレベルというか・・・、そういうレベルでは各々の個人の判断で、ずいぶんと違ってくるみたいです。

ちなみに、私は・・・「エフ・に」「エフ・さん」「エフ・よん」「エフ・ご」「エフ・ろく」と全部日本語読みしてます。ただ、「フォトミック」が付くと「エフ・ツー・フォトミック」と急に英語読みしてるみたいです。

銀座三共カメラは国産カメラ専門三原橋店の秋沢さんに聞いてみました。

秋沢さんは「全部英語読みでしょ!」と言われながらも読み上げていくと、「「エフ・ツー」「エフ・スリー」「エフ・フォー」「エフ・ファイブ」「エフ・ろく」。あれ、「F6」だけ「エフ・ろく」だね(笑)!「F5」も「エフ・ご」って言う時があるかも・・・。でも、「F4」までは間違いなく英語読みしてるな。」とのこと。

まぁ、相手に通じていればどうでも良いのかもしれませんが~ちょっと面白いネタだと思いませんか?

さらに、ちょっと突っ込んでみて。

ニコンFM2を「エフエム・に」と日本語読みする人はほとんど見たことがありません。なのに、ニコンF100やF90は「エフ・ひゃく」「エフ・きゅうじゅう」、F801やF601は「エフ・はちまるいち」「エフ・ろくまるいち」と日本語読みする人がほとんど。