フォトアルバム

アローカメラ         &我楽多屋

Powered by Six Apart

考えてること Feed

2019年4月20日 (土)

GWも休まず買取職人

私 買取職人はゴールデンウィーク中も休まずに買取職人として仕事を致します。

*5月1日は水曜定休日なので休みます。

ご相談のお電話も歓迎です。

特別高く買取り致します。

2019年4月11日 (木)

4月11日の買取職人

56585940_2635433393165646_419551846

検査入院の結果も良く、これからも引き続きどんなカメラでもどんどん頑張って買取りますので、よろしくお願い申し上げます。

買取職人として、この仕事を楽しみに余生を貫いていくことにしましたので、よろしく。

2019年3月16日 (土)

このようなお客様に困るのです

昨日午後、プラスティック製フィルムカメラのキヤノン・オートボーイを1台だけ持って来られた年配の方に「3万円で買って欲しい」と言われました。

こういう場合、私はいつも気の毒で困るんです。

いい値段で売れると思ってわざわざご来店いただいたのに「買えません」とは言えませんので...。

また、そのカメラの市場性を理解されないまま、「安く買われた」と思われてしまうのも買取屋として困るので。

2019年3月11日 (月)

東日本大震災

8年前の3月11日、大地震が発生した時、私は2階買取りコーナーに居ました。

すごく揺れたので下へ降りて、通りの電柱に抱きついたことをはっきりと覚えています。

これは何処かですごい地震だ!と思い、テレビを見ると東北が大変なことになっているのを知りました。

あれから8年、被害にあわれた方々はまだまだ大変のようですが、私に出来ることは復興を願って今まで以上に買取りに励むことだと思っています。

2019年3月 6日 (水)

自分の技術を磨いて

私 野田康司、先月80歳になりました。そして、カメラ屋65年の区切りに何か思いを新たにしたいと、いろいろと考えておりました。

昔、フィルムカメラの時代にはカメラを販売して、フィルムを売って、現像焼付引伸いわゆるD.P.E.をやっていました。

その後、大手量販店などの台頭でカメラ業界が変わっていく中で、中古買取りに特化することで生き残りました。

そして今、デジタルカメラの時代になって業界は大きく変わろうとしています。

「買取プロ」を25年名乗った後に「買取名人」に改名。この時は常連様に買取名人認定証までいただきました。これは以降15年間、買取りへ大きな励みになりました。

そして今年から「買取職人」を名乗っています。

私の中で『職人』とは、「商売を二の次にしてでも、自分の技術を磨いて世の人に喜んでいただくこと」と捉えています。

これが私の新たな思いです。

2019年2月28日 (木)

買取職人2ヶ月

今年になって2ヶ月が今日で終わりです。

私も買取職人と名乗らせていただいて2ヶ月が過ぎます。これからの買取りをさせていただくうえで、職人の気持ちで、あまり儲けのことを考えずにやっていきたいと思います。

カメラ・レンズを手放す方は是非、私にご相談ください。

2019年2月25日 (月)

売上げ好調

仲間の業者情報によりますと、銀座松屋で開催されている「世界の中古カメラ市」の売上が最初の三日間で去年の売上を超えたようです。

良いレア物の中古品など人気がすごくあるようです。

皆様の中で昔買った高級品があれば、今が売り時のような気がします。是非お考えになって、私買取職人にご相談ください。

ただ、私が思いますに、外国の方に買って行かれているようです。日本国内で回って欲しいです。

2019年2月21日 (木)

販売値にビックリ

Img_20190221_122646_2

銀座松屋で今日から「世界の中古カメラ市」が始まったので、見に行って来ました。

大勢の人が来ていて、ゆっくり観ることが出来ませんでした。

各店のカウンターはまとめ買いのお客さんでいっぱいでした。一人でニコンF2チタンボディを2台買う人とか、ハッセルSWC他レンズを沢山買う人など、いずれも外国人ブローカーのようでした。

販売価格にはビックリしました。高値で売れているようなので、私も高く買取ることが出来そうです。

2019年2月17日 (日)

私は決めました

買取職人としての電話応対、カメラを手放したい方のカメラに関して、他のいろいろなことにご相談に応じます。

どんどんお電話ください。

電話番号はフリーダイアル 0120-811-698

2019年2月11日 (月)

カメラのきむら

業界紙を見て初めて知ったのですが、昨年末にカメラのきむらの社長様が103歳の高齢で亡くなられたことを知ってビックリしました。

この方はカメラ店で初めて店舗のチェーン展開をした方で、その間カメラ業界のトップとして頑張っており、私もいろいろと教わった方です。

その後、ヨドバシカメラのような量販店が出来てカメラ屋さんが大きく変わっていくことになります。そして今、フィルムからデジタルの時代になり、カメラ店がどんどん少なくなっています。

でも私は皆様があくまでフィルムカメラで楽しんでいただけるようにやっていきたいです。