フォトアルバム

アローカメラ         &我楽多屋

Powered by Six Apart

« 兄と約束 | メイン | 店の看板効果 »

2018年12月 7日 (金)

我楽多屋のこと

昨日の二代目ブログについて、感じたことを書きます。

私が小僧としてカメラ屋で店員をしているころは、お客様にカメラを売ることが第一でした。そのためには沢山のおしゃべりもしました。

今、我楽多屋は完全に二代目に任せているのですが、二代目の姿勢が少し理解出来ずにいました。

でも、昨日のブログを見て、商売はモノを売ることなのですがモノを売るだけではないことに、改めて気付かされました。

今の時代、いかにお客様に喜んでいただくか~その考えをもって店をやっていれば、結果としてモノは売れることになって、店は商売になりお客様も喜んでくれると思うのです。

現在の大型店・量販店は、まさに売るだけの店のような気がします。

以前、九州から我楽多屋にご来店のお客様が探し物を500円で見つけて、「私にとっては全然がらくたじゃない。これが楽しいんだよね!」と、とても満足そうに言われていました。

皆様も楽しみを見つけに我楽多屋へ来てください。