フォトアルバム

アローカメラ         &我楽多屋

Powered by Six Apart

« 昔のサービスセンター | メイン | 量販店の値引き競争に対して »

2018年10月14日 (日)

値引きはゼロでも

カメラがよく売れた昭和30年代の話です。

大卒初任給が1万円台だったのに、7~8万円するようなニコン、キヤノンの新品カメラが値引きもせずに沢山売れました。

リコーフレックスなどは一時期、生産が追い付かず、8,800円の定価に対して2割くらいのプレミアを付けても売れた記憶があります。

今は情報も氾濫していますし、全然違う時代だったのですね。