フォトアルバム

アローカメラ         &我楽多屋

Powered by Six Apart

« 水戸黄門に | メイン | 昨日の買取り »

2017年10月12日 (木)

マミヤプレスの思い出

アローカメラ開店の50余年前は、カメラ業界の絶頂期と言っても良い頃。私はビルの落成式とか結婚式のスナップ撮影の仕事もしていました。一番多かったのはボーリング場のオープンに関わる撮影でした。

今と違って当時のカメラは大きくて重いうえに、ピント合わせ・露出合わせしてから、シャッターセットして1枚1枚の撮影。その点、今はデジカメで何枚も何十枚も連写出来て、それもシャッターを押すだけです。

一番気を遣ったのは、セレモニー時のテープカットなどの撮影。220フィルムを入れても18枚しか撮影出来ませんから、タイミングを誤るとフィルム交換やシャッターチャンスを逃してしまうのです。これをサポートしてくれる名司会者と何年間かコンビを組んで仕事をさせてもらった話は以前にもしたことがあります。

そして当時は、写真が出来上がるまではハラハラとした心配や、ワクワクとした楽しみがありました。報酬もそれなりにありました。

買取りコーナーには当時使ったのと同じマミヤプレスがあります。今でも、機械式カメラを楽しむには最高の素材です。当時と違って安く手に入りますし。

Img_20171012_095805_2_720x1280